RSS1.0 | Atom0.3



おしまい。

 

 

2019年12月22日をもって、東京千駄木にあります養源寺で開催されてきた「&SCENE手創り市」は終わりを告げました。

7年と2ヶ月の時間、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

本日は12月29日。

22日に幕を閉じて以来、1週間おいての忘年会を行いました。

 

現在までスタッフだった面々、一部卒業したスタッフの人らもやってきて、いつも通りの&SCENEでした。

 

ここの記事では7年とちょっとのことを振り返ろうと思いましたけれどね…

 

ごめんなさい。

よしておきます。

 

なぜって、、

これまでの&SCENEは終えましたけど、またいつかどこかで復活したいからです。

 

一度信頼してしまった仲間との別れはさみしいもの。

大人になったらそうそう出来るものではないらしいですから。

 

 

 

 

 

 

もし次に&SCENEが復活する時には。

きっとこれまでと全く異なる姿が生まれているでしょうね。

 

いや、たぶん。。

 

 

養源寺のご住職、ご家族の皆さま。

始まりの際に関わってくれた、山口くん岩本さん善兵衛さん小泉さん。

たいした挨拶も出来ませんでしたが、ありがとうございました。

 

 

そして。

 

 

&SCENEのスタッフとして関わってくれたみんなへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう。

 

名倉哲

 

 

 





【本日開催】 LAST & SCENE 2019.12.22 : まとめ 。

 

2019.12.22_05:30_発表

本日最後の&SCENE手創り市は【 開 催 】と致します。

http://weathernews.jp/map/#//c=36

https://www.jma.go.jp/jp/jikei/319.html

https://tenki.jp/forecast/3/16/4410/13106/1hour.html

ただし、日本気象協会の予報をふまえると、雨は夜から降る予報ですが、、

ウェザーニュースと気象庁の予報は15時前後より雨が降る予報が出ています。

よって昼以降には雨が降るかもしれないことを前提に今回の開催を致します。

これまでの判断基準と異なるかもしれまえんが、、

最後を開催として終わりを迎えようと思います。

出展者の皆さま。

ご来場予定の皆さま。

朝の9時からお昼前後までを如何に楽しむか。

そんな一日でもいいですか?

やってみようと思います。

ぜひともご来場下さい!

名倉哲

 

 

&SCENE手創り市 FINAL

2019.12.22

 

 

<ふゆの贈りもの>

<ふゆの暮らし>

 

 

2019年12月を持って閉幕の&SCENE手創り市。

最後の12月22日開催のテーマは「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」の2本立て。

 

 

【12月22日・全出展者一覧】CLICK!!

 

 

<ふゆの暮らしと贈りもの>

出展者紹介

 

その1 http://andscene.jugem.jp/?eid=633

その2 http://andscene.jugem.jp/?eid=634

その3 http://andscene.jugem.jp/?eid=635

 

 

<最期の本堂ライブ>

2019.12.22 open 13:00 ~

関信洋さん

 

 

詳細▷http://andscene.jugem.jp/?eid=623

 

 

 

しもかわしょうこ

「ふゆの時間」ブースNo.57

http://andscene.jugem.jp/?eid=624

 

 

 

岩本牧子

「ゆふの三角巾」ブースNo.58

http://andscene.jugem.jp/?eid=632

 

 

 

 

2019年12月22日(日曜)で最期となるアンドシーン。

ぜひともご来場ください!

 

&SCENE手創り市

名倉哲

スタッフ一同

 

 



HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





FINAL&SCENE【写真展 2019】手創り市写真部

2012年より始まった &SCENEですが、いよいよ12月22日でFINALとなります。最後ということでいろいろ盛りだくさんでお送りしますので、ぜひご来場ください!

----

▼【PICKUP】
 手創り市写真部写真展 &SCENE 2019 / 本堂前、本屋さんブースのお隣り

2019_andSCENE_PhotoEX.jpg

こんにちは。手創り市写真部です。

2012年10月からはじまった「&SCENE手創り市」が
残念な事に今年の12月で終了となります。

そこで、感謝の気持ちを込めて、
2019年12月22日(日)に開催される「&SCENE手創り市」の会場にて、
写真展をさせていただきます。

本堂の階段近くの小さなブースですが、
8年間(7年と2ヶ月)の「&SCENE手創り市」で撮影した
ワークショップやライブなど企画などの写真を展示しますので、
もし良かったら覗いていただけると嬉しいです。

写真部一同お待ちしております!!

手創り市写真部
https://www.instagram.com/tezukuriphoto/
http://tezukuriichiphoto.blog.fc2.com/


HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





「ふゆの暮らしと贈りもの:出展者紹介その3」

 

 

&SCENE手創り市 FINAL

2019.12.22

 

 

<ふゆの贈りもの>

 

<ふゆの暮らし>

 

 

2019年12月を持って閉幕の&SCENE手創り市。

最後の12月22日開催のテーマは「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」の2本立て。

 

 

↓出展者紹介はこちら↓

 

 

 

 

No.32

 

Ivi(アイビ)

 

https://www.instagram.com/brassivi/

 

 

 

 

 

No.33

 

hinatakyoku

 

https://hinatakyoku.jimdo.com

 

細いワイヤーをかぎ針で編み、アクセサリーを制作しています。

繊細な編み目と軽さ、落ち着いた色あいの装飾にこだわり、いろいろな洋服にお使いいただけるよう、工夫を重ねて作っています。

今回は、冬季限定で制作しています手紡ぎ・手編みの帽子もお持ちします。

冬の植物もたくさん飾って、最後の&SCENEも楽しいブースを作れたらなと思っています。

 

 

 

 

 

No.34

 

シイたけぞう

 

https://shi-takezou.jimdo

 

原木椎茸農家のシイたけぞうです。

椎茸の他にレモングラスなど好きな作物をつくっています。

冬の贈りものとして、自分へ。大切なひとへ。家族と。

レモングラスティーや冬の鍋やスープにおすすめな乾燥椎茸など収穫したものを準備していきますね!

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

No.35

 

Ponto:STAMP

 

https://twitter.com/pontostamp

https://instagram.com/pontostamp

 

模様を纏った消しゴムはんこを制作しています。

今年もお世話になった大切なあの人へ。がんばったワタシへ。

素敵な贈り物を包む包装紙、そこに添えるメッセージカード。

そんな紙たちを、ちょっと特別におめかしする作品を並べます。

誰かのお顔を思い浮かべて、ゆったり会場をまわって贈り物を探してください。

 

 

 

 

 

No.36

 

ito

 

https://www.instagram.com/ito_knit/

 

肌触りの良い上質な毛糸を使って少し遊びごころのあるニット小物を制作しています。

身に着けるとふわっとあたたかい気持ちになれます。

今年のふゆのお供にいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

No.37

 

kitohato  - キトハト -

 

https://www.instagram.com/kitohato/  

 

自然の中にはひとつとして同じ木がないのとおなじように

キトハトが作るアクセサリーもいろいろな色や形の木のアクセサリーがあります。

いろいろな木や植物、ときどき動物。

樹脂、ガラス、ヒノキの木材等を使ってkitohatoのアクセサリーを作っています。

今年一年ありがとうございました。

お世話になった方、大切な方へ

ちょっとした「ふゆの贈りもの」や「ふゆの暮らし」のお供に、ぜひどうぞ。

今回は、少し特別なプレゼントラッピングを準備しています。

ユーカリをドライに乾燥させて、プレゼントラッピングに添えたいと思っています。

ふゆの贈りものにぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

No.38

 

紬-つむぎ-

 

https://www.instagram.com/tsumugi0921

 

刺繍糸を使ったかぎ針編み作品【クロッシェアートアクセサリー】を制作しています。

ふゆの贈り物企画では、クリスマスを意識した作品やラッピングをご用意いたします。

楽しい思い出がたくさんの&SCENE手創り市。

終わってしまうのは残念ですが、カラフルなお花のブローチで最終回に花を添えられたらと思っています。

 

 

 

 

 

No.39

 

季節の刺繍とビーズ aodoa

 

http://aodoa.work/

 

「季節を覗く青いドア」をインスピレーションに季節を感じる刺繍制作をしております。

ふゆの装いをたのしくするような ブローチや耳飾り、ペンダント、ブレスレットなどの

刺繍を並べて12月の空の下、養源寺にてお待ちしております。

 

 

 

 

 

No. 40

 

toi bonheur 

 

https://www.instagram.com/toi_bonheur

 

自然界に息衝くものや、自然に起きる事象心の動きらからインスピレーションを受けた形に、ほんの少しの遊び心をトッピングして、肩の凝らないジュエリーをデザイン・制作しています。

 

 

 

 

 

No.41

 

atelier aya

 

http://www7b.biglobe.ne.jp/ayapanna 

 

陶器制作のatelier ayaです。

メインで制作しているインディゴブルーの作品は、洗いをかけたデニムの様に、一つの作品でも色が単調ではありません。

またこの深い蒼色は、日没後、夜の前の短い時間に現れる爛屮襦璽癲璽瓮鵐鉢瓩龍色に似ていると思っています。

「ふゆの暮らし」では、寒い冬の朝、まだ眠たい身体をあたためるお手伝いができる作品と、新しい年の始まりを迎える作品をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

No.42

 

アトリエ風戸

 

https://www.instagram.com/saya_01life/

 

ハーブティーのアトリエ風戸です。

ふゆの暮らしというと、コトコト煮込んだ料理やランプの灯りなど、あたたかさを感じさせるものがうれしい季節ですね。

煮込み料理にオススメのハーブミックスや心身をあたためてくれるブレンドハーブティーをお持ちします。

ふゆの贈りものにぴったりなオリジナルのラッピングアイテムもご用意いたします。

 

 

 

 

 

<最期の本堂ライブ>

2019.12.22 open 13:00 ~

関信洋さん

 

 

詳細▷http://andscene.jugem.jp/?eid=623

 

 

 



HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 





「ふゆの暮らしと贈りもの:出展者紹介その2」

 

 

&SCENE手創り市 FINAL

2019.12.22

 

 

<ふゆの贈りもの>

 

<ふゆの暮らし>

 

 

2019年12月を持って閉幕の&SCENE手創り市。

最後の12月22日開催のテーマは「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」の2本立て。

 

 

↓出展者紹介はこちら↓

 

 

 

 

 

No. 23

 

meku

 

instagram.com/meku_handpaint

https://www.facebook.com/mekuhome/

http://twitter.com/meku_handpaint

https://www.mekubykiriko.com

 

ブランド名は「ときめく」「きらめく」など語尾に付けることで、物事の“感じ”がはっきりしたり、より“らしく”見えて来ることから付けました。

日々の感覚をハンドペイントで表現する事にこだわったブランドです。

今回はふゆの贈りものにちなんで、ハンドペイントのポチ袋、メッセージカード、ラッピングペーパー、ペーパーウエイトなどを持ちします。

ぜひ遊びにきてください!

 

 

 

 

 

No.24

 

Akane Miyazawa

 

https://www.instagram.com/akanemiyazawa/

 

シューズデザイナーとして靴メーカーに勤務後、2015年よりレザーグッズを製作しています。

 

 

ブースNo.24

 

EVERLASTING

 

https://www.instagram.com/everlasting_eidaifactory/

 

文京区白山にてパターンオーダーの紳士靴と革小物を製作販売しています。

 

 

 

 

 

No.25

 

 MAKKO

 

http://instagram.com/maybemakko

 

アクセサリーつくり手MAKKOです。

ここ数年、一年の締めくくりは養源寺。

今年もありがとう、来年もどうぞよろしくと、みなさんと挨拶を交わす場所となり年を重ねるごとに、いただいたありがとうの言葉のラブレターは枚数を重ねました。

今までのお礼の気持も込めて、「ふゆの贈りもの」をお持ちしたいと思います。

最後の一日を温かな心持ちで、ご一緒に楽しく過ごせれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

No.26

 

harihari 

 

https://www.instagram.com/weareallone1223/

https://harihari87.exblog.jp/ 

 

生花でリースやスワッグ などを作ってドライフラワーにしています。

どれも一点物で心を込めて作っています。

巻きつけてつくるスタイるなので植物の動きを大切にしています。

実際にみて楽しんでください。

 

「ふゆの暮らし&ふゆの贈りもの」

 

新しい一年のはじまりに。

お正月は年神様という新年の神様を迎える行事です。

生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。

そこで年神様を迎えるようにしめ縄やしめ飾りを飾るそうです。

素敵な一年を送れますようにという気持ちを込めてお正月のお飾りを沢山おもちします。

 

 

 

 

No. 27

 

mahiru.

 

https://www.instagram.com/mahiru.mmm/

 

 

 

No. 28

 

hana*ぷらり

 

http://www.instagram.com/hana_purari

 

キャンドルとヒンメリ、アクセサリーのユニット『hana*ぷらり』です。

『CandleHanacot キャンドルハナコト』は、灯すと美しいボタニカルキャンドル、香りを楽しむアロマワックスサシェをお持ちします。

キャンドル1つでいつもの場所が特別な空間に…。

そんな魔法のようなキャンドルの魅力をお伝えできたらうれしいです。

『ぷらりそこまで』は、北欧の伝統装飾「ヒンメリ」の販売を行ないます。

有機栽培ライ麦などを使い、お花やグリーンとあわせたものなど、お部屋でゆらりとお楽しみいただけますように。

また、逗子や葉山などで採取してきたシーグラスを使ったアクセサリーの販売を。

氷や雪の結晶のようなシーグラスに、金継ぎ加工を施したものなど、唯一無二の作品をぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

No.29

 

bandaiya

 

https://www.instagram.com/bandaiya50/

 

リネンバンダナを手づくりしています。

使うたび少しずつ心地よく馴染むリネン生地の風合いと、毎日が少し楽しくなるオリジナルの模様を

一枚一枚ハンドプリントでおつくりしています。ふゆの贈りものを、ぜひみつけにいらしてください。

 

 

 

 

 

No. 30

 

green  tone

 

https://www.instagram.com/greentonehoku/

 

普段の装いに添えられるようなシンプルな落ち着きのあるアクセサリーを作っています。

冬の装いに。ふゆの贈りものとして。

ぜひお気に入りを見つけにきてください。

 

 

 

 

 

No.31

 

鈴木りょうこ

 

https://www.instagram.com/suzuki__ryoko

 

伊・トスカーナ州の小さな街で陶芸を始める。

伊人陶芸作家のもとで陶芸を学ぶ。

栃木県益子町の製陶所勤務。

現在、埼玉県にて制作。陶芸教室tonalità 主宰。

手に持った時の土の力強さや温もり、使いやすさを大切にしながら制作しています。

 

 

 

 

 

 

<最期の本堂ライブ>

2019.12.22 open 13:00 ~

関信洋さん

 

 

詳細▷http://andscene.jugem.jp/?eid=623

 

 

 



HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





「ふゆの暮らしと贈りもの:出展者紹介その1」

 

 

&SCENE手創り市 FINAL

2019.12.22

 

 

<ふゆの贈りもの>

 

<ふゆの暮らし>

 

 

2019年12月を持って閉幕の&SCENE手創り市。

最後の12月22日開催のテーマは「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」の2本立て。

 

 

↓出展者紹介はこちら↓

 

 

 

 

 

No.15

 

草木染め Anemoi

 

http://www.anemoi-colors.com/

 

国文学を学んだ過程で染織・装束に興味をもち、卒業後に専門学校で工芸染織を学ぶ。

その後、無形文化財指定の工房で修行。独立。

草木染めと、手織りのよさを、多くの人に知ってもらえるよう日々製作しています。 

 

 

 

 

 

No.16

 

michi

 

www.instagram/michi._a

 

植物でアクセサリーを制作しています。

種や実、葉、蕾。

それぞれの自然の色、質感をそのままに。

きれいな丸、いびつな輪郭、曲がった線。

ひとつひとつの形、大きさ、表情のちがいをよく眺めて、

その姿に合わせて作品をつくっています。

素材が自然のものなので、ずっと同じ姿ではなく、

色や質感は少しずつ変わっていきます。

その分、その一粒、一枚に植物の生き物としての逞しさ、儚さが見えると思います。

自然がつくりだしてくれた造形の不思議さ、多様な質感の美しさを、

眺め、触れ、身につけることで、お楽しみいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

No.17

 

bloom works

 

http://www.instagram.com/bloomworks_glass/

 

澄んだ空気、きらきらきらめく氷の粒、枝先で凍る雫。

凛とした冬の光をイメージしたアクセサリーをご用意します。

ひんやりとしたガラスに、てづくりのあたたかさを感じて頂けたら嬉しいです。

お客様へ最後の&SCENEの思い出に残るような、素敵な贈り物を展示できたらと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

No.18

 

sui(スイ)

 

https://www.instagram.com/sui.healing.natural/

 

 

 

 

 

No.19

 

kinaka(キナカ)

 

https://kinaka.wixsite.com/kinaka

 

ビーズ編みのがまぐちやブローチなどを作っています。

ガラスビーズを一粒一粒通し、すべて手編みで製作しています。

クリスマスやお正月にぴったりな、きらきらした色合いのものをたくさんご用意してお待ちしています。

 

 

 

 

No.20

 

unemakunema(ウネマクネマ)

 

https://www.instagram.com/unemakunema/

 

 

 

 

No.21

 

イロドリ

https://www.instagram.com/irodori.toriko/

 

am

https://www.instagram.com/akka2739/

 

 

 

 

 

No.22

 

水上窯/紗繍...sashuu...

 

https://instagram.com/mizukamigama/

https://www.instagram.com/2sashuu8/

 

水上窯は冬の贈り物にお勧めなペアのコーヒーカップや年末年始のご挨拶やおもてなしの際に場が華やぐ大皿などいつもよりちょっとだけ特別な気分を味わえるような器を用意してお待ちしております。

紗繍...sashuu...はゴールドのビーズを使用したパーティーにもお使いいただけるようなアクセサリーもご用意しております。

水上窯も紗繍...sashuu...もラッピングも承っておりますのでお気軽にお申し付けくださいませ。

 

 

 

 

 

<最期の本堂ライブ>

2019.12.22 open 13:00 ~

関信洋さん

 

 

詳細▷http://andscene.jugem.jp/?eid=623

 

 

 



HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





FINAL&SCENE【出展者紹介】岩本牧子

2012年より始まった &SCENEですが、いよいよ12月22日でFINALとなります。最後ということでいろいろ盛りだくさんでお送りしますので、ぜひご来場ください!

----

▼【PICKUP】作家さん紹介
 岩本牧子 「ゆふの三角巾」 / ブースNo.58





岩本さんが考えた一言を
しもかわしょうこさんが描いた三角巾を選び
ふゆの植物をくるんで
お持ち帰りいただきます

三角巾は
頭にまくやつではなくて
スナフキンの小袋みたいなものです

生地サイズと価格 約30×30cm 500円
約50×50cm 1000円
植物 植物1つお選びください。岩本さんがお包みします。
時間 20分程度


▼ 作家紹介

岩本牧子
https://www.instagram.com/iwamotosan3/
https://iwamotono.exblog.jp/

いろんな場所に空間をつくる仕事をしています。
植物を使った教室「夜salon






HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




FINAL&SCENE【出展者紹介】しもかわしょうこ

2012年より始まった &SCENEですが、いよいよ12月22日でFINALとなります。最後ということでいろいろ盛りだくさんでお送りしますので、ぜひご来場ください!

----

▼【PICKUP】作家さん紹介
 しもかわしょうこ 「ふゆの時間」 / ブースNo.57




*参考イメージ。今回の生地は約80×80cmになります。

ふゆの時間の空間をつくり
ふゆの言葉やかたちを
しもかわさんが生地に描いてくれます

似顔絵
名前
本の中の一節や
ふゆの時間に浮かんだ何かや
誰かへの贈る言葉でも
 

人数 10名限定 予約不要/先着順
生地サイズ 約80×80cm
価格 3000円
時間 30分程度





▼ 作家紹介

しもかわしょうこ
http://shokoshimokawa.com/

‘印刷のようで手描きの風合いも残した’ 独自のカーボン転写技法で、プリント(版)とドローイングの間を探求しています。
過去の何気ないワンシーンをもう一度ていねいにふりかえることで、今日という日が輝き出すように思います。

おもな展示に「PORTRAIT」(Sansiao Gallery HK)、「みかんちゃんとチャコ」原画展(ブックギャラリーポポタム)、岩本牧子さんとのワークショップ「夜salon」、「風のせんたくもの」(森のサロン)、手創り市での似顔絵ワークショップ多数

現在開催中「さくらこ&しょうこ」展(12/7~1/17)MASATAKA CONTEMPORARY
http://masataka-contemporary.com/sakurakoshoko/






HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





【&music】2019.12.22 本堂ライブ|出演:関信洋

関信洋

ほっこりした管楽器ロックバンド「1983(イチキュウハチサン)」のボーカル、ギター、作曲作詞を担当。

2012年頃からマイペースに活動を続け、これまで3枚のアルバムをリリース。

最新作は2019年リリースの「渚にきこえて(Passes on the Other Ocean) 」

 

長野県出身。さそり座、O型。

好きな言葉は「秘すれば花」。

URL  http://www.the1983band.com

  

 

■ 関信洋さんより

この度は歴史あるお寺でのライブにお誘いいただきありがとうございます。

ソロライブは初めてなので年甲斐もなく緊張しています。

「&SCENE手創り市」は今回で終了と伺っていますので、

微力ながらイベントの最後に歌で花を添えられればいいなと思っています。

友達と一緒に演奏します。楽しみです。

 

 

■ 担当スタッフより

関さんの初ソロライブを、本堂で聴けることがとても嬉しいです。

1983のファンの方も、まだの方も必聴ですよ!ぜひ足をお運びください。
(cosa)

 

祝祭感溢れる1983バンドの幸せな声担当、関さんの初ソロライブです。
冬の始まりに最後の&SCENE、最後の&music、

床暖房の効いたお堂ライブで、心も身体も温まっていってください。
(おいなりさんちぇ)

 

< info >
2019.12.22 (sun)
open 13:00 / start 13:30
act:関信洋
charge:投げ銭制
at:養源寺 本堂 (&SCENE手創り市会場内)
access 東京都文京区千駄木 5-38-3
map  http://www.andscene.jp/access.html

 

  





「 FINAL / ふゆの暮らし&ふゆの贈りもの 」2019.12.22

 

 

&SCENE手創り市 FINAL

2019.12.22

 

 

<ふゆの贈りもの>

 

<ふゆの暮らし>

 

 

2019年12月を持って閉幕の&SCENE手創り市。

最後の12月22日開催のテーマは「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」の2本立て。

 

いずれかのテーマで参加することも。

両方兼ねることも可能です。

 

冬の暮らしに提案したいあなたの作品を。

今年も1年ありがとう、と伝える贈りものの提案を。

 

ご応募をお待ちしております。

 


 

開催日

2019年12月22日(日)9:00〜16:00

 

申込期間

10月27日〜11月14日事務局必着

 

申込方法

「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」に出展希望の方へ。

申込書に必要事項記載、写真添付の上、空いている箇所にいずれかをご記入ください。

 

募集内容

対象は工芸クラフト部門と食品部門双方となります。

 

*出品内容はテーマに即したものを各々ご提案下さい。

また、実際の出展の際にもテーマに即した展示をご提案頂けたら幸いです。

 

*出展者発表後、担当スタッフより出展者紹介の情報請求メールが申込書記載のメールアドレスに届きます。

ご協力いただけますようお願い申し上げます。

 

区画

1ブース(1.8×1.8m) 出展料 3,000円

 

 

注意事項

*必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。貸し出しはございません。

 

*駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

お寺近隣へ車を仮留めしての荷物の搬入は厳禁です。
ご家族の送迎、タクシーでお越しの場合も同様です。
恐れ入りますが、コインパーキングよりお運びください。

 

 

 


ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。

「ふゆの贈りもの」「ふゆの暮らし」以外の通常のご参加お申し込みも受け付けております
 

 

 



HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category