RSS1.0 | Atom0.3



2月24日・&SCENE手創り市のまとめ。

 

2月24日(日)は&SCENE手創り市の開催日です。

 

【&SCENE・2月24日出展者リスト一覧】CLICK!!

 

 

 

<作家と蚤の市>CLICK!!

 

全出展者さんのブースで。
&SCENEスタッフの受付にて。
思い思いの蚤の市を実施いたします。

出品するものは参加作家やスタッフが大切にしてきたもの。
時を経た、愛着のあるものたちが集まります!

 

 

*運営スタッフ募集*CLICK!!

 

____

 

 


 HP:http://www.andscene.jp/ 
 mail:info@andscene.jp 
 Twitter:https://twitter.com/and_scene 
 Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





蚤の市にむけて。

 

徹夜明けの早朝。

ふと思い立って机の前の棚をごそごそ。

 

蚤の市でなにを出そうか?

ごそごそから始めてみた。

 

毎年、2月の開催時はスタッフも参加作家さんもそれぞれのブースの一角で蚤の市コーナーを作る。

昨年、私はほとんどモノを出さなかったけれど、今年は頑張って出してみようと思う。

 

明々白々と、お小遣い稼ぎだ。

 

デンマークだかどこかの有名なデザイナーがつくったロウソク立て。

アユタヤの小さな壺。

などなどいろいろとある。

 

スタッフ達はなにを出すだろうか?

参加作家の皆さんはなにを出品するだろうか?

 

とても楽しみである。

 

 

 

 

「 作 家 と 蚤 の 市 」

 

  2019年2月24日(日)

 

通常の手創り市にプラスして、、

 

全出展者さんのブースで。

&SCENEスタッフの受付にて。

思い思いの蚤の市を実施いたします。

 

詳細は下記URLをご覧ください。

http://andscene.jugem.jp/?eid=533

 

 

____

 

 

2019年最初の&SCENE手創り市の出展者を発表しました。

 

http://www.andscene.jp/0224.html

 

 

*運営スタッフも募集しております*

今回は男性スタッフ1名を募集

 

 


 HP:http://www.andscene.jp/ 
 mail:info@andscene.jp 

 Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
 Twitter:https://twitter.com/and_scene 
 Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





【 &SCENE運営スタッフ募集!! 】

 

*男性運営スタッフ1名を募集致します*

 

※20代から30代前半まで

※有給(昼食付き・交通費の支給無し)

※週末が基本的にお休みの方

※経験の有無は問わず

 

 

「&SCENE運営スタッフに求められること」


・これまで手創り市会場へ来た事がある
・自分の「好き」を大切にできる

 

ほか、

 

&SCENEの特徴である、開催ごとに企画されるもの。

ワークショップを自身で企画してみたいという方。

 

運営スタッフに興味のある方は、

以下「当日の流れ」をご覧の上ご連絡ください。

 

 

「当日の流れ」

 

7:00。養源寺集合。順次、会場準備をはじめます。

8:00。出展者受付開始。

この時、スタッフは受付担当係と会場案内係に分かれます。

出展者の受付後は事前に案内された出展場所へ案内・誘導を致します。

 

9:00くらいまで受付〜案内が続きます。

ここまでが一日で一番忙しい時間帯です。

 

9:00。スタート。

特にはじまりの合図などは御座いません。

9時過ぎ、ドリンク休憩があります。

ただし、「〜ながら休憩」です。
会場内の見回りをしながら、トイレのチェックしながら、会場周辺の駐輪・駐車のチェックをしながら。

ご来場のお客さまへ&SCENEのチラシのご案内や会場周辺について、さまざまなお問い合わせに対応します。


11:00から休憩・昼食です。

休憩はだいたい1時間。交代で休憩に行く事になります。

ただし、その月の忙しさによってまちまちです。


この間も休憩の交代を待つスタッフは、受付にて問い合わせの対応をしたり、

会場内のみまわりをしつつ、トイレのチェックをしたりします。


15:00くらいになると、出展者さんの中には早めに切り上げ、

お帰りになる方がいらっしゃるので、登録証の返却とチェックを行います。

 

16:00。開催終了。

撤収作業をしながら、登録証の返却作業を行い、会場内外のごみ拾い等を行います。

それと、前日にお天気が悪い場合にはどうしても参道に泥がついてしまいす。
その時にはお寺から竹箒を借りて、泥をはいでゆきます。


17:00には作家さんはすべて撤収されます。


出展者さんの完全撤収後、養源寺さんへの終わりの挨拶に伺い、その後現地解散です。

 

&SCENEは2ヶ月に一度の開催となりますため、スタッフ同士で開催後に食事に行くこともあります。

よろしければお付き合いください。

 

翌月。

次回開催分の選考会が御座います。

選考会は、出展者を選考するという大切な時間であり、スタッフとしての大事な役割を担う場でもあります。

以上が運営スタッフとしての大まかな業務となります。

 


&SCENE手創り市スタッフの面接をご希望の方は、

下記宛先メールまでご連絡ください。

 

ご連絡の際には件名を「運営スタッフ募集」とし、

「氏名・年齢・電話・最寄駅」を必ずご記載ください。

 

面接の日程は折り返しご連絡致します。

 

info@andscene.jp

 

担当 名倉
____


 HP:http://www.andscene.jp/ 
 mail:info@andscene.jp 

 Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
 Twitter:https://twitter.com/and_scene 
 Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





2019年 &SCENE手創り市 開催スケジュール

 

2019年&SCENE手創り市の開催スケジュールをお知らせ致します。

 

&SCENEでは毎開催ごとにテーマを設けて、企画エリアをつくっております。

スケジュールとあわせてご覧ください。

 

 

*偶数月の第4日曜日を開催日の基本としております*

*各開催のテーマは2018年のものを案内しております*

*テーマ以外の通常出展もご応募を受け付けております*

 

 

 

 

開催日 2月24日

申込期間 1月17日事務局必着まで

発表 1月27日予定

 

※テーマは「作家と蚤の市」です。

 一般・食品を問わず、全出展者を対象としております。

 

 

 

 

開催日 4月28日

申込期間 3月14日事務局必着まで

発表 3月24日予定

 

※テーマは「植物園」です。

 

 

 

 

開催日 6月23日

申込期間 5月16日事務局必着まで

発表 5月26日予定

 

※テーマは「6月のアクセサリー」です。

 

 

 

 

開催日 8月25日

申込期間 7月18日事務局必着まで

発表 7月28日予定

 

 

 

 

開催日 10月27日

申込期間 9月12日事務局必着まで

発表 9月22日予定

 

※テーマは「BOOKS&SCENE」です。

 

 

 

 

開催日 12月22日

申込期間 11月14日事務局必着まで

発表 11月24日予定

 

※テーマは「ふゆの贈りもの」です。

 

 

 

 

 

**運営スタッフ募集しております**

 

 


 HP:http://www.andscene.jp/ 
 mail:info@andscene.jp 

 Instagram:instagram.com/andscene.tezukuriichi/
 Twitter:https://twitter.com/and_scene 
 Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





2019年版「作 家 と 蚤 の 市」

 

 

「 作 家 と 蚤 の 市 」

 

  2019年2月24日(日)

 

 

通常の手創り市にプラスして、、

 

全出展者さんのブースで。

&SCENEスタッフの受付にて。

思い思いの蚤の市を実施いたします。

 

出品するものは参加作家やスタッフが大切にしてきたもの。

 

時を経た、愛着のあるものたちが集まります!

 

 

 

*出品について*

 

・出品可能な方は一般・食品問わず、2月24日全出展者を対象としております。

・自作品と一緒に思い思いの蚤の市のコーナーをご提案下さい。

・出品された品物の会計と包装はご自身のブースで行って下さい。

 

 

*注意点として*

 

・蚤の市関連のみの出品はNG。自作品と一緒に展示を行って下さい。

・出品できない品物は『作家もの』『食品類』となります。

・不用品の出品もご遠慮ください。

 

 

「作家と蚤の市」についてのご質問等は下記Mailまでご連絡ください。

 Mail : info@andscene.jp 

 

 

 


 HP:http://www.andscene.jp/ 
 mail:info@andscene.jp 
 Twitter:https://twitter.com/and_scene 
 Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 





【 無事閉幕。】冬のおくりもの 2018:まとめ

2018年12月23日の&SCENE手創り市は参加作家さんの協力により無事閉幕出来ました。

 

天気予報を参考にしたものの、終日、小雨が断続的にぱらつく一日でした。

毎度開催することは最低限の目的でもありますが、参加作家の皆様が不安のなか出展しつづけるのは結果的にお客さまへの不利益にも繋がります。

開催の基準について、改めて天気予報に基づいた開催案内を再度検討し今後の開催へと続くように致します。

 

2018年もたいへんお世話になりました。

ありがとうござます!

 

手創り市名倉哲

スタッフ一同

 

 

【次回開催について】

開催日:2月24日(日)

申込締切:1月17日(木)事務局必着まで

発表:1月27日

 

 

なお、2019年2月の&SCENE手創り市の企画は出展者全員が対象となる「作家と蚤の市」を実施。

詳細については【こちら】CLICK!!をご覧ください!

 

 

 

 

2018年最後の&SCENEは「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催。

 

贈りものをさがすのは、

どきどき

わくわく

そわそわ

とても楽しいことだと思うのです。

 

同時に。

贈りものを準備するその晩だって、

どきどきしわくわくするもの。

 

心をこめられた作品を、心をこめて選ぶ。

 

2018年12月23日。

&SCENE手創り市に贈りものをさがしに来ませんか?

 

 

<冬のおくりもの:参加作家紹介その1>

<冬のおくりもの:参加作家紹介その2>

<冬のおくりもの:参加作家紹介その3>

<冬のおくりもの:参加作家紹介その4>

 

 

【12月23日 &SCENE手創り市 出展者一覧】CLICK!!

 

場内には身体が温まるドリンクやスパイスカレーを提供するキッチンカーの出店も御座います!

 

なお、本堂は休憩スペースとして開放致します。

どなた様もご利用頂けますようで寛ぎの間としてご利用ください。

(本堂内は飲食厳禁です)

 

 

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





冬のおくりもの 2018:参加作家その4

 

 

2018年12月の&SCENEは「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催。

 

本記事では参加作家の紹介を致します。

ご覧ください!

 

 

 

52-1.jpg

52-2.jpg

 

 

ブースNo.52

 

harihari 

harihari87.exblog.jp

 

ドライフラワーや生花でリースやスワッグ 花雑貨などを作っているharihariです。

「冬のおくりもの」白っぽい植物やシルバーグレーの植物などを使って小さな花冠リースをご用意しました。

ラフィアで1本づつ巻きつけて作っているので繊細に仕上がりになってます色合いも大人っぽく仕上げました。

箱に入れてご用意しますのでおくりものや自分へのご褒美などにいかがですか。

お正月のお飾りもご用意します。

お正月は年神様という新年の神様を迎える行事です。

生きる力や幸せを授けてくださると考えられていますそこで年神様を迎えるようにしめ縄やしめ飾りを飾るそうです。

素敵な一年を送れますようにという気持ちを込めてお正月の色々を揃えました。

 

 

 

 

53-1.jpg

53-2.JPG

 

 

ブースNo.53

 

MAKKO

https://makkojp.exblog.jp

https://instagram.com/maybemakko

 

こんにちは、アクセサリーつくり手MAKKOです。

今年もあと僅か、ここ最近は「冬のおくりもの」の企画で一年の出展を締めくくる年の瀬です。

養源寺の緩やかに流れる時間がとても好きです。

慌ただしい、この時期ではございますが、大切な方を思い、また自分自身のために、ゆったりと贈り物を選んでいただけるお手伝いが出来れば幸いです。

 

 

 

 

 

ブースNo.54

 

たんぽぽ手芸

http://tanpoposyugei.wixsite.com/tanpoposyugei

 

 

 

 

55-1.jpg

55-2.jpg

 

 

ブースNo.55

 

ボタン屋:Bitter 川田 舞 

https://www.instagram.com/buttonya_bitter 

 

独自の技法でオリジナルボタンや アクセサリーを制作しています。 

おくりものは贈る側も受け取る側も 幸せな気持ちになれる素敵なもの と思います。 

そんな素敵な時間がより楽しいものになりますよう、心をこめて制作致します。 

冬があたたかいものになりますように。

 

 

 

 

56-1.jpg

56-2.jpg

 

 

ブースNo.56

 

こまきや

http://komakiya.jugem.jp/

 

木をベースに、布と組み合わせたコースターや、革など様々な素材を組み合わせた小物やアクセサリーを作っています。

異なる素材を組み合わせたときに生まれる新しい表情や手触りを大切にしています。

大切な誰かへ、またはご自分に。

あたたかな手触りをくるむ、冬のおくりもののための、ちょっと特別なラッピングをご用意してお待ちしています。

 

 

 

 

79-1.JPG

79-2.JPG

 

 

ブースNo.79

 

s o j  i

http://sojinocoto.wix.com/soji

http://instagram.com/s__o__j__i

 

羊毛の手紡ぎ糸を使ったアイテムを制作しています。

寒い日々、包み込む手紡ぎのあたたかな品々。

ほんの少しでも身体と心を灯してくれますように…

手織りのマフラーや手編みのニット小物、ブローチをご用意いたしますので、ご自分用に、誰かへの贈り物に探しにいらしてください。

 

 

 

 

80-1.jpg

80-2.jpg

 

 

ブースNo.80

 

SUNn・寸

https://www.instagram.com/sunn_takahashi/

 

金属や毛皮、牛革などを使用してアクセサリーを制作しております。

空気の澄んだ冬に合わせたくなるようなものもご提案できればと思っております。

寒い時期、背中も小さくなりがちですが、身につけるもので気持ちも変わってもらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

 

12月23日。全出展者リストは以下URLをご確認下さい。

http://www.andscene.jp/20181223.html

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





冬のおくりもの 2018:参加作家その3

 

 

2018年12月の&SCENEは「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催。

 

本記事では参加作家の紹介を致します。

ご覧ください!

 

 

 

 

 

ブースNo.46

 

麻布楽屋

http://mafuraya.jimdo.com/

https://www.instagram.com/mafuraya/

 

環境配慮の5Rに基づいて様々な布を裂き、色を見ながら組み合わせる裂き編みをはじめ、麻や再生毛糸、手染め糸を手編みで組み合わせたかごバッグなど生活を担う編み創るものを制作しております。

ぬくもりを閉じ込めるスヌードやマフラー、帽子や手袋は布バッグへ。

再生綿糸のアクセサリーは雪降る景色のような白い巾着へ。

それぞれが長く利用できる「保管袋」として使える形でお届けします。

 

心を込めた特別なおくりものをあなたへそしてじぶんへ。

寒い冬に彩りの笑顔を添えるべくご用意した一点ものの品々が日常にそっと寄り添うものになれば幸いです。

 

 

 

 

 

ブースNo.47

 

紬-つむぎ-

https://www.instagram.com/tsumugi0921

 

刺繍糸を編み、お花のブローチ・コサージュを制作している 紬-つむぎ-です。

誰かを想って、またはご自分のために贈り物を探す時間は、心あたたまる豊かなひと時ですね。

この企画に寄せて、作品は箱に入れ刺繍糸を結んだラッピングをいたします。

ふだん使いから、冬のおでかけ、卒・入学式等のセレモニーetc...

くらしの中のさまざまな場面によりそう作品となったら幸いです。

ぜひ、特別なひとつを探しにいらしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.48

 

kinaka

http://kinaka.wixsite.com/kinaka

 

手編みのビーズ編みがまぐちと、天然石や淡水パール使ったアクセサリーを作っています。

がまぐちはビーズを一粒一粒編み込んで作っており、色合わせやサイズが様々です。

大切な人や自分への一年のご褒美に、お気に入りを探しにいらして下さい。

 

 

 

 

 

ブースNo.49

 

しらや

https://www.silaya.net/

 

 

 

 

 

ブースNo.50

 

まつの みき

https://www.instagram.com/ceramiki0311

 

新宿で陶器を作っています。

ふだん使いやすい器や花器をご用意します。

ぜひお手に取っていただき、気持ちがほっこりあったかくなっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.51

 

bloom works

https://www.instagram.com/bloomworks_glass

 

『いつもの毎日も、ちょっと特別な日も、気がつけばいつもコレを着けている』

そんなお気に入りの一つになれるように。

ガラスの高い透明度をいかした、シンプルだけれどオンリーワンなアクセサリーを作っています。

澄んだ空気、きらきらきらめく氷の粒、枝先で凍る雫。

凛とした冬の光をイメージして。

ひんやりとしたガラスに、手作りのあたたかみを感じて頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

 

 

12月23日。全出展者リストは以下URLをご確認下さい。

http://www.andscene.jp/20181223.html

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





冬のおくりもの 2018:参加作家その2

 

 

2018年12月の&SCENEは「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催。

 

本記事では参加作家の紹介を致します。

ご覧ください!

 

 

 

 

40-1.jpg

40-2.jpg

 

 

ブースNo.40

 

kurokuma

https://www.instagram.com/kurokumaart/

https://twitter.com/shibashiba104

 

ワイヤーに毛糸や糸を巻きつけた動物の作品を制作しています。

作品が顔を覗かせる小窓付きの袋やそのまま、ギフトにもできる専用Boxに入ったブローチなど、「おくりもの」を思い浮かべながら、ワクワクする気持ちを味わっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

41-1.JPG

41-2.JPG

 

 

ブースNo.41

 

ハクモクレン

hakumokuren.shopinfo.jp

https://www.instagram.com/hakumokuren_/

 

鮮やかな花色

密かで官能的な香り

自然がつくり出す質感と姿かたち

その謂れと花言葉

 

Museum of plants -植物の美術館-

 

をコンセプトに、植物の持つ本来の美しさを感性で楽しむボタニカルブランドです。

 

ドライプランツアクセサリーやドライフラワーを使ったアレンジなどクリスマスギフトにぴったりな商品をお持ちします。

クリスマス限定のラッピングもご用意して、サンタクロース気分でお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.42

 

unemakunema(ウネマクネマ)

http://makariou.wix.com/unemakunema

https://www.instagram.com/unemakunema

 

植物やシンプルモチーフをアレンジした、繊細なかぎ針レース編みのアクセサリーや毛糸小物。

可愛らしさと懐かしさを意識しながらデザインし、一点一点、全て手編みで制作しています。

「冬のおくりもの」に、手作りの小さなペーパーバッグと数量限定のミニバッグをご用意いたします。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.43

 

FUN FACTORY

https://fun-factory9.webnode.jp/

https://www.instagram.com/viita333/?ref=badge

 

吹きガラスを中心にちょっとかわいい日常でも使えるものを作っています。

誕生日、記念日、頑張ったご褒美、なんでもない日

おくり物を贈る理由はいろいろだけど

受け取る笑顔は全部特別

手に取って頂いたときに小さな喜びが生まれますように!

 

 

 

 

 

 

ブースNo.44

 

Ponto:STAMP

http://twitter.com/pontostamp

http://instagram.com/pontostamp

 

模様を纏った消しゴムはんこを制作しています。

消しゴムはんこ作品やカードを展示販売します。

誰かの顔を思い浮かべながら、おのおの会場でステキなおくりものをお選びください。

私も皆さんに【今年もありがとう】を作品に込めてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.45

 

ito

http://ito.momonotane.com

 

フランス、ペルー、日本産の良質な糸を使って少し遊びごころのあるニット小物を製作しています。冬のおでかけにいかがでしょうか。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

 

 

12月23日。全出展者リストは以下URLをご確認下さい。

http://www.andscene.jp/20181223.html

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





冬のおくりもの 2018 :参加作家その1

 

 

2018年12月の&SCENEは「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催。

 

本記事では参加作家の紹介を致します。

ご覧ください!

 

 

 

 

26-1.JPG

26-2.JPG

 

 

ブースNo.26

 

こいしや

https://www.instagram.com/coishiya

 

少しいびつだったり、内包物がある天然石の風情をいかすよう心がけ、アクセサリーを制作しています。

冬のおくりもの、にあたっては「おもいでを贈ろう」というテーマで作った作品をお持ちします。誰の心にもあるような心あたたまる思い出からイメージをふくらませ、ささやかなアクセサリーに。

寒い1年の終わり、ご覧になって頂けると嬉しいです。

 

 

 

 

35-1.JPG

35-2.JPG

 

 

ブースNo.35

 

meku

instagram.com/meku_handpaint

https://www.facebook.com/mekuhome/

http://twitter.com/meku_handpaint

https://www.mekubykiriko.com

 

ブランド名は「ときめく」「きらめく」など語尾に付けることで、物事の“感じ”がはっきりしたり、より“らしく”見えて来ることから付けました。

日々の感覚をハンドペイントで表現する事にこだわったブランドです。

今回は冬のおくりものにちなんで、ハンドペイントのカードセット、メッセージカード、ラッピングペーパー、ペーパーウエイトなどを持ちします。

ぜひ遊びにきてください!

 

 

 

 

 

 

ブースNo.36

 

niina

http://niina-niina.com/

https://twitter.com/niina_2793

 

niinaのスチロール樹脂作品は、すべて手描きのイラストで、絵を描き、はさみで丁寧に切り、ひとつずつ焼き上げて仕上げる、すべての工程をひとりでおこなっています。

描かれたものの向こうに見える景色をお届けすることがイメージのテーマです。

代表作のブローチは、組み合わせてつけることで、物語が洋服やバッグに広がるようにと考えています。

今回久しぶりに&SCENE手創り市に参加します。

「冬のおくりもの」というテーマのもと、誰かへの感謝の気持ちや、自分へのご褒美になるような、冬景色のブローチを用意してまいります。

すべてが一点物なので、一期一会の出会いを楽しみに、覗きにおいでください。

 

 

 

 

37-1.JPG

37-2.JPG

 

 

ブースNo.37

 

hinatakyoku

https://hinatakyoku.jimdo.com

https://www.instagram.com/hinatakyoku/

 

細いワイヤーをかぎ針で編み、アクセサリーを制作しています。

いろいろな洋服に合わせていただけるよう、どれも軽量で落ち着いた色あいに仕上げています。

ブローチやネックレス、イヤリング・ピアスなど、冬らしい色あいの作品をたくさんお持ちします。

ぜひご覧いただけますと嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

ブースNo.38

 

三原なぎ

https://nagimihara-glass.jimdofree.com/

 

吹きガラスのうつわや季節を感じる置物などを作っています。

この『冬のおくりもの展』では干支の置物やガラスのクリスマスツリー、お正月に活躍する酒器などをご用意します。

大切な方へ、冬の暖かな光を纏い新しい一年への彩りを添えるガラスの作品を見つけて下さい。

 

 

 

 

 

ブースNo.39

 

草曜舎

https://www.souyousya.info/

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 



12月23日。全出展者リストは以下URLをご確認下さい。

http://www.andscene.jp/20181223.html

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category