RSS1.0 | Atom0.3



編む 束ねる Swag づくり / いわもとまきこ





植物園

テーブルの上にわたしなりの小さな植物園をつくります。

その中から

五種類の植物を選び 束ねる。
束ねたものに
糸や端切れ、葉で少しだけ飾り付け
編んだり。結んだり。
手を動かすワークショップです。

柔らかな春の陽に、春の風に揺れるよう
窓辺に吊るしてもいいですね。
時間をかけて植物の色、香りの変化も愉しめる
スワッグをつくりましょう。






開催日 2017年4月23日(日)
時間 1部: 10:00〜
2部: 13:00〜
※作業時間は1時間程度です
定員 各回10名様  ご予約優先。定員になり次第締め切ります
金額 当日受付にてお支払ください。
1,500円
*オプション:生花をつける場合は+500円
申し込み方法 メールの件名を「スワッグワークショップ申込」として、

・参加者全員のお名前
・ご希望の時間(1部 or 2部)
・代表者様の携帯電話番号


を明記の上、info@andscene.jp までお送りください。
受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。
一部の携帯アドレス(主にドコモ)で、PCメール受信可にしていても、こちらかのメールが届かない場合がございます。
PCメールアドレスをお持ちでしたら、記載していただけますと大変助かります。
備考 特に汚れる作業はございませんが植物を扱いますので、気になる方はエプロンご持参、または汚れてもよい服装でお越しください。
キャンセル
について
準備をする作家さんや予約が取れなかった方のためにもキャンセルはご遠慮ください。
万が一キャンセルする場合はお早めにご連絡ください。
開催3日前以降のキャンセルは理由の如何によらずキャンセル料を申し受けます。

作家紹介

いわもとまきこ
植物や布を使って空間をつくります。
instagram


担当スタッフより

スワッグに布を合わせてくるところが、なんともいわもとさんらしく、
そして素敵です!

またオプションで生花をつけられるのですが、
束ねたドライの中に一輪の生花。こりゃまたステキ!
吊るしながら色や質感の変化を見るのが楽しそうです。
(オプションの有無は当日お決めください。)

お申し込みお待ちしております☆






&SCENE手創り市
担当 秋田

illustration by staff Miki

HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【 植 物 園 】2 0 1 7 . 0 4 2 3

 

4月23日。

【 植 物 園 】 に出展する出展者が決定致しました!

 

 

春は「植 物 園」をテーマに企画エリアを作ります。 

 

一歩踏み入ればそこは別世界。

ワクワクの植物園。 

&SCENEで植物探検しませんか。 

はじめて見る植物が見つかるかも!? 

 

たくさんのお申し込みお待ちしています!


 

開催日

 

2017年4月23日(日)9:00〜16:00

 

申込期間

 

2月26日〜3月16日必着

 

申込方法

 

申込書に必要事項記載、写真添付の上、「植物園出展希望」と明記ください。

 

募集内容

 

例えば、


植物を使ったリース、
植物モチーフのアクセサリー、
植物柄のもの、などなど。 


さらに、今回は企画にむけて、

特例として、植物を扱うお店さんの公募も同時に実施。
 

植物にまつわる作品を募集しています!

 

区画

 

1ブース(1.8×1.8m) 出展料 3,000円

 

注意事項

 

・必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。 
貸し出しはございません。

・駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

・お寺近隣へ車を仮留めしての荷物の搬入は禁止です。 
(ご家族の送迎、タクシーでお越しの場合も同様です。) 
恐れ入りますが、コインパーキングよりお運びください。

 


ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

*企画エリア「植物園」以外の通常のご参加お申し込みも受け付けております*


 &SCENE手創り市 
 担当 秋田 



HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:
info@andscene.jp 
Twitter:
https://twitter.com/and_scene 
Facebook:
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





meets brooch について…

 

写真と本文は関係御座いません。

 

表題、ミーツブローチについて。

 

2017年のmeets broochは秋口からの巡回展のみを実施することと決めました。

 

これまで、Creemaさんが主催する

HandMadeInJapanFES(以下HMJに略)の2日間に参加をし、

以降巡回展への運びとなっておりましたが、

本年よりHMJへの参加を取り止めることになりました。

 

担当スタッフの2人と昨年の様子を話し合い、

これまで以上に巡回展に重きをおくべくそのような結果となりました。

 

 

 

本年のmeets broochは9月以降に巡回展として開催を致します。

開催にむけて今春より少しづつ準備を進め、万全の体制で展示会を迎えたいと思います。

 

ご覧頂き有り難う御座いました。

 

meets brooch

担当スタッフ

橋本・三木・名倉

 

・・・・

 

次回の&SCENE開催は4月23日です。

企画エリアは「植物園」!

昨年のリベンジを果たしたいと思います。

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





2月26日を振り返る。

 

2月26日の&SCENE手創り市は、

「&Bakes」「作家と蚤の市」の2本立ての企画をたて、

これまでで最も充実していた一日を作り出せたように思う。

 

これもひとえに参加協力してくれた作家と、

期待をもってやってきてくれた来場者があってこそ。

 

共にその景色をつくりだせたこと。

嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

 

その日、終わりを迎えた時に見えた様々な、本当に様々な表情を忘れることはない。

 

 

今この時期この瞬間に書くかどうか迷ったが、

これまでもそうであったように、

これからもそうでありたいから、

心地いい話ではありませんが敢えて書きます。

 

 

2月26日。

この日、初めての試み「作家と蚤の市」は多くの期待を持って、

9時の開始より早々に多くのお客さんにお越し頂けた。

 

反面、作家が出品した、大切に思う品物の紛失が見られた。

率直に言えばそれは、紛失ではなく盗難と呼んでもいいものだった。

 

数にすれば多い訳ではない。

けれど、その事実に私たちスタッフもショックを隠せなく、

それ以上に、該当する作家のことを思うと、どんな言葉をかけてもそれは空虚なものに。

 

実際に起こってしまった紛失がどういったものであるのか?

なぜ紛失するのか?してしまったのか?

どこにいってしまったのか?

 

そのことについて、

参加してくださった作家の声を聞きたいと思う。

同時に、企画者たる私たちスタッフが出来うる対策

(改善)を考えていかなければならない。

 

このことに対する答えはすぐに出せるものではなく、時間を要するものでいい。

 

 

この場を借りて伝えたいこと。

 

今回のネガティブな事象をもってして、

今後チャレンジすることをやめることはありません。

同時に、リスクに対しての説明と管理を、作家と共に考えてゆく機会をつくってゆきたい。

 

今回の「作家と蚤の市」と仕組みが似ている

10月に実施される「BOOKS&SCENE」にむけて気持ちを新たに。

 

問題があった時に感じることは後悔ではなく、その先にある希望を見いだすこと。

目を伏せることを選ばず、目の前のありのままを受け入れることでしかその先はない。

 

※「作家と蚤の市」に関してのご意見ご感想は下記メールまでお気軽におよせください。

 

&SCENE手創り市

名倉哲

info@andscene.jp

 

・・・・

 

次回開催は4月23日。

お申し込み締切は3月16日事務局必着までとなります。

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





【本日開催】2月26日・&SCENEのまとめ。

 

2月26日は&SCENE手創り市の開催日!

2017年初めての開催となります。

 

【2月26日・出展者紹介】clicks!!

 

今回の&SCENEは2本立ての企画を発信しております。

↓↓↓

 

<&Bakes:参加店舗紹介その1>

<&Bakes:参加店舗紹介その2>

 

2月の参加作家と&SCENEスタッフが出品するはじめての試み。

「作家と蚤の市」。まずは会場にお越し下さい!!

 

・・・・

 

次回開催は4月23日。

お申し込み締切は3月16日事務局必着までとなります。

 

4月の企画エリアは

昨年雨天中止だった「植物園」!

(リベンジ!!)

詳細は近日公開致します。

(参考までに幻の昨年の詳細をご覧ください)

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





作家と蚤の市 at &SCENE 2017.0226

 

2月26日。

&SCENEで初の試みとなる「作家と蚤の市」では、

参加作家とスタッフが様々なものを出品致します。

 

 

上記の写真は&SCENEスタッフが出品する物たちですが、

参加作家の皆さまがどんなものを出品するのか?

個人的にもそわそわ、期待は高まるばかりです。

 

(FBでもスタッフの出品紹介をしてますよ)

 

2月26日。

ぜひとも&SCENE手創り市にお越し下さいね。

 

名倉

 

・・・・

 

 

【2月26日・出展者紹介】clicks!!

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





& B a k e s / 出展店舗紹介その2

 

「 & B a k e s ~ おやつを楽しむ ~ 」

 

2月26日の&SCENEでは、

喫茶とおやつを楽しむ空間づくりを実施致します。

 

冬と春の間の味覚を楽しみながら

お気に入りのおやつをほおばり

ゆったりと喫茶の時間を楽しんでいただける時間を提案。

 

本記事では出展店舗さんのご紹介を致します。

ご覧ください。

 

・・・・

 

ブースNo.58出展

 

・店舗名

菓子蔵喜しろう

http://kishiro.naganoblog.jp/

 

・コメント

信州木曽路の小さな和菓子屋、菓子蔵喜しろうです

手摘みのよもぎをたっぷり使った「草新子もち(こしあん)」や

柚子の皮と砂糖のみで拵える「柚子けんピ(ゆずピール)」など

春を予感させられる色鮮やかな私を持って、皆様のお越しをお待ちしております。

 

・・・・

 

ブースNo.49出展

 

・店舗名

kuutamo

http://kuutamo.tokyo/blog/

https://www.facebook.com/kuutamogohan/

 

・コメント

はじめまして。練馬中村橋にあります小さなカフェKuutamoです。

手作りのタルトとパウンドケーキを持って行きます。

&SCENEへの参加は初めてなのでドキドキワクワクしています。

たくさんのお客さまと手仕事の作家さんたちにお会いできるのを楽しみにしています。

 

・・・・

 

ブースNo.54出展

 

・店舗名

PLUS HITOTOK!

http://plus-hitotoki.jp/

 

・コメント

野菜のジャム。

新しい野菜の野菜の食べ方。

新しい料理の隠し味。新しい野菜の保存方法。

新潟県佐渡島発のブランド。

 

パスタに、ハムに、カレーにサラダ、焼きおにぎり

クッキー、マフィン…ほんのひとさじ野菜をプラスする。

ごぼう・玉ねぎ・人参・かぼちゃ・サツマイモ…

季節の野菜にスパイスを効かせ、無添加・無着色で仕込む。

 

今回は手創り市初出店記念として

【お米のビスコッティ】×【スイートポテトジンジャーのディップクリーム】を販売。

ギフトにも、その場でディップして食べても、繰り返し使える箱入り。

 

・・・・

 

ブースNo.51出展

 

・店舗名

焼き菓子の店Filica

http://www.filica.jp/

 

・コメント

季節のくだものや無添加の素材をこだわって選び、焼き菓子を作っております。

コーヒーや紅茶などに合う、その場で味わっていただくお菓子や、

後日楽しんでいただける、お持ち帰りにぴったりのお菓子をご用意しております。

ほっこり美味しい時間をお楽しみいただければうれしいです。

 

・・・・

 

ブースNo.45出展

 

・店舗名

たまこサロン

http://tamasalo.exblog.jp/

 

・コメント
いつもとなりにいるおやつ。がすきです。
おやつをわくわくしながら作っています。
そわそわしながらたべています。

そっととなりにいるやつ、ほっとするやつ、ちょっといいかんじになるやつ。
そんなおやつを&Bakes に連れていきたいと思っています。

 

・・・・

 

次回のブログ更新は「作家と蚤の市」についてご案内致します。

ぜひご覧ください。

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





& B a k e s / 出展店舗紹介その1

 

「 & B a k e s ~ おやつを楽しむ ~ 」

 

2月26日の&SCENEでは、

喫茶とおやつを楽しむ空間づくりを実施致します。

 

冬と春の間の味覚を楽しみながら

お気に入りのおやつをほおばり

ゆったりと喫茶の時間を楽しんでいただける時間を提案。

 

本記事では出展店舗さんのご紹介を致します。

ご覧ください。

 

・・・・

 

ブースNo.50出展

 

・店舗名

夕暮れと菓子

https://www.instagram.com/yuguretokashi/

 

・コメント

こんにちは!夕暮れと菓子と申します。

ひとりでせっせと丁寧にお菓子をつくっています。

今回「&Bakes〜おやつを楽しむ」という

素敵なイベントに参加することが出来てとても嬉しいです!

選んでいる時からうきうき出来るようなクッキーやパウンドケーキ、

季節感のあるタルトなどをご用意する予定です。

お土産にも、自宅でのコーヒータイムにも

ぴったりなクッキー缶もせっせと作りますよ!

私もたくさんのおやつをゲット出来たらいいなと楽しみにしています。

よろしくお願いします!

 

 

・・・・

 

ブースNo.57出展

 

・店舗名

季節の焼き菓子Charte

https://m.facebook.com/charte.tarte/

 

・コメント

『季節の実りが楽しみになるような焼き菓子』を作っています。

今回は「春待ちわびるいちごのお菓子」をテーマに、

和歌山県生まれの品種“まりひめ”を使ったタルトやケーキなどをご用意いたします。

関東にはほとんど出回らない香り豊かな"まりひめ"のお菓子、ぜひお召し上がりください。

 

 

・・・・

 

ブースNo.56出展

 

・店舗名

TeF

https://www.facebook.com/teflabo/

 

・コメント

サクサクの生地にフレーバーキャラメルをサンドした

TeF(テフ)のオリジナルゴーフル teffre(テッフル)。

コーヒー、紅茶、日本茶にも合うおやつにピッタリの焼菓子です。

10種類のフレーバーの中からお好みのものを選んでお楽しみください。

 

 

・・・・

 

ブースNo.47出展

 

・店舗名

完熟ケーキ専門店・Banana Café (バナナカフェ)

http://ameblo.jp/presentcake/

 

・コメント

 しっとり、

季節の完熟素材を焼き込んだ

焼き菓子

完熟ケーキの

製作・販売をしています。

 

一番人気の

完熟バナナケーキをはじめ

定番の完熟ケーキに加えて

 

今回は屋外でちょっと贅沢な

おやつタイムを楽しんでいただける

テイクアウト仕様の

完熟ケーキを制作します。

 

 

・・・・

 

ブースNo.53出展

 

・店舗名

te.to.te

http://blog.goo.ne.jp/tetote2004tomo

 

・コメント

寒い季節にあったかいものと一緒に食べたい焼き菓子。

生姜ガレットやフィナンシェ、

冬らしい生姜や酒粕を使った焼き菓子もご用意します。

 

 

・・・・

 

ブースNo.55出展

 

・店舗名

信州薪窯パン野良屋

https://www.facebook.com/noraya.makigama/

 

・コメント

信州高遠の山奥にある薪窯パン屋です。

自家製発酵種と地元産素材を活用し、シンプルで飽きのこないパンを焼いています。

今回のテーマは冬と春の間の味覚ということで

「人参」「赤ワイン」「しょうが」を使ったおやつを用意しています。

 

「人参スコーン」は、

一年のうちで二月が一番おいしいという熊本産の人参のやさしい甘みが味わえる、

卵・乳製品不使用のスコーンです。

 

「赤ワインビスコッティ」は、

信州産無添加赤ワインと香ばしい天然山くるみを使用した、ほんのり大人の味です。

コーヒーに浸しながら食べるのもオススメです。

 

「ペッパルカーコル」は、

高知産のしょうがとシナモン、クローブで味付けしたスウェーデンのスパイスクッキーです。

スウェーデンには「フィーカ」と呼ばれる、お茶休みを楽しむ文化があり、

このようなお菓子とコーヒーが生活に欠かせないものとされています。

 

・・・・

 

次回の「&Bakes」の出展者紹介は2月13日。ぜひともご覧ください。

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





2月の開催にむけて。

 

2017年もあっという間に2月を迎えてしまいました。

ぼうっとしていた訳ではないのに、なんだろう、あっという間すぎて…

 

今年も&SCENEでは様々な企画を提案し、

ミーツブローチもこれまでよりもじっくりと時間をかけてやってゆけたら。

そんな風にお持っておる、今日この頃であります。

 

 

2017年。

今年最初の&SCENE手創り市開催日は2月26日(日)

現在開催にむけて準備を進めております。

 

2月の開催では、

 

焼き菓子屋さんを中心とする「&Bakes」

 

もうひとつは、、

 

全出展者を対象とする「作家と蚤の市」の2本立て。

 

 

2月11日から「&Bakes」出展者の紹介を実施いたします。乞うご期待!

 

追伸

作家と蚤の市ではスタッフの私物も出品します。

SNSを通して『こんなのありますよ〜』とご案内致しますね。

 

名倉

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





【&music】2017.2.26 本堂ライブ / 出演:小田晃生

小田晃生
 

小田晃生 おだこうせい

 

音楽家。作詞作曲と歌、演奏楽器は主にギター、パーカッションなど。
2006年頃よりギター弾き語りを中心としたソロでの活動を始める。

些細な物や出来事をモチーフにした、虫眼鏡な作品づくりが十八番。

また、作詞から発展した言葉遊び「オリジナル早口言葉」を様々な形で披露している。
ソロ以外には「COINN」「ノノホとコーセイ」「ロバート・バーロー」など、

子どもたちへ向けた創作活動を行うグループにメンバーとして所属。
そのほか、ギターレッスン講師、映像作品の音楽制作や出演、ナレーションなども務める。

 

 

 《主なリリース作品》
1st Album『まるかいてちょん』('07)
2nd Album『発明』('08)
3rd Album『チグハグソングス』('14)

 

 

小田晃生 website:http://www.chicchaitanbo.net
Twitter:https://twitter.com/akiranama
Facebookページ:http://www.facebook.com/kohsey.oda

soundcloud:https://soundcloud.com/kohsey-oda

 

< 視聴 >

< info >
2017.2.26 (sun)
open 13:00 / start 13:30
act 小田晃生 おだこうせい
charge 投げ銭制
at 養源寺 本堂 (&SCENE手創り市会場内)
access 東京都文京区千駄木 5-38-3
map  http://www.andscene.jp/access.html

 

< アーティストコメント >
こんにちは、小田晃生と申します。
僕の実家は岩手県のお寺でして、お寺の本堂は、歌うと響きがとても気持ち良いのです。
演奏するのも、マルシェも楽しみ。どうかお天気にも恵まれますように!

 

< 担当のコメント >
今回が初出演の小田晃生さん。
お子様向けのライブもよくされている小田さんですが、決して「こども向け」ではなく、
大人のみなさんも、時にほっこりと、時にじーんとするような、素敵な曲ばかりです。
今回の本堂ライブも、きっと世代を問わず楽しめる素敵なライブになると思いますので、
ぜひぜひ足をお運びください。

 

< note >

雨天などで手創り市が中止になった場合、ライブも中止となります。
お寺の本堂を利用させて頂く関係上、本堂内は飲食厳禁となります。
ご入場の際には飲食物の持ち込みはお断りさせて頂きます。
ご理解ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

 

 

担当:cosa (手創り市写真部


HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category