RSS1.0 | Atom0.3



【公募】 冬 の お くり も の ( 2017.12.24 )

 

 

2017年最後の&SCENE手創り市は

「 冬 の お く り も の 」をテーマに開催します。

 

 

贈りものをさがすのは、

どきどき

わくわく

そわそわ

とても楽しいことだと思うのです。

 

『クリスマスのプレゼント』

『今年もありがとう』

『来年もよろしくね』

 

いつも頑張っている

『自分への贈りもの』だったり。

 

心をこめられた作品を、心をこめて選ぶ。

 

2017年12月24日。

&SCENE手創り市に贈りものをさがしに来ませんか?

 

 

 

 

 

◯出展者募集

一般・食品問わず、

ご自身の作品を展示販売される際に、

贈りものにできる包装(ラッピング)をしていただける出展者を公募致します。

 

※包装(ラッピング)について

 <予め用意されたギフトボックス>

 <その場で包まれるもの>

 上記のようなものを想定しております。

 

 

◯出展者紹介

冬のおくりものにご参加頂ける方の作品と共に、

贈りものを想定したお写真をご紹介致します。

出展者発表後、担当スタッフより出展者情報請求のご案内を致します。

 

 

開催日

2017年12月24日(日曜)9:00〜16:00

※雨天中止

 

申込期間 

10月22日〜11月16日事務局必着まで

 

申込方法

申込書に必要事項記載、写真添付の上、
空いている箇所に「冬のおくりもの 出展希望」と明記ください。
※一般部門・食品部門ともに上記申込方法に則って下さい。

 

募集内容

一般部門・食品部門問わず
上記、”冬のおくりもの”に該当する作品を出展できる方。
※通常の作品を出品することも可能です。

 

区画

1ブース(1.8×1.8m) 出展料 3,000円
※一般部門・食品部門共にミニブースでの出展は不可。

 

開催までの流れ

申込期間…10月22日〜11月16日事務局必着まで

出展者発表後、担当スタッフより出展者紹介の情報請求を致します。
・作家名
・HPまたはSNS
・コメント(100文字まで)
・写真(冬のおくりものに該当する写真のみ / 横長の写真2点まで)

上記4点を12月4日までに info@andscene.jp までお送りください。

出展者紹介…12月中旬より開始予定


本開催…12月24日

 

注意事項

・必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。 
 貸し出しはございません。
・テント、パラソルともに使用可。
 ただし、単色、ブース内におさまるもののみ。
・駐車場はございません。
 近隣のコインパーキングをご利用ください。
・お寺近隣へ車を仮留めしての荷物の搬入出は厳禁です。 
 ご家族の送迎、タクシーでお越しの場合も同様です。
 恐れ入りますが、コインパーキングよりお運びください。

 

 


ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

※「冬のおくりもの」以外の通常のお申し込みも受け付けております。

 

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





BOOKS&SCENE・まとめ(2017.1022)

*お知らせ*
台風接近に伴い、荒天が予想されるため、
10月22日の&SCENEは中止

とさせていただきます。

 

次回の開催は、、

 

12月24日(日)

お申し込み〆切は11月16日事務局必着まで

 

企画エリアは「ふゆの贈りもの」をお届け致します!

詳細は近日公開!!

 

※昨年の公募を参考までに…

※昨年のまとめ記事を参考までに…

 

 

 

10月22日は&SCENE手創り市の開催日!

 

【10月22日・全出展者紹介】click!!

 

さらに詳しい出展者紹介は…

 

 

 

 

 

【BOOKS&SCENE 2017】 出展者紹介その1 (一般ブース)


【BOOKS&SCENE 2017】 出展者紹介その2 (一般ブース)


【BOOKS&SCENE 2017】 出展者紹介その3 (食品ブース)


【BOOKS&SCENE 2017】 出展者紹介その4 (食品ブース)


【BOOKS&SCENE 2017】 出展者紹介その5 (本屋さん)

 

_

 

 

 

* み ん な の 本 棚 * click!!

出展者とスタッフが持ち寄ってひとつの本棚をつくります。

展示された本は販売もしておりますので

ご来場の際にはのぞいてみてくださいね。

 

 

*会場マップはこちら*

画像をクリックして頂くと大きなマップをご覧になれます!

 

 

 

__

 

 



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 





「 み ん な の 本 棚 」(BOOKS&SCENE関連)

 

 

10月22日&SCENE手創り市

BOOKS&SCENE関連企画

 

み ん な の 本 棚 

 

 

 

 

*お知らせ*

22日の出展時、

出展者の皆様は「みんなの本棚」への出品が可能です。

栞はご自身でご用意下さい!

栞の作成方法は下記をご参照くださいね。

 

 

【みんなの本棚】とは、

&SCENE出展者とスタッフが持ち寄ってつくる本棚のことです。

 

持ち寄る本は、

くらしに役立つものから何度でも眺めてしまう雑誌、

小説からアートブックまで幅広いジャンルの本が集まり、

ご購入いただけます。

 

お気に入りの一冊が見つかりますように。

 

__

 

 

「参加方法」

 

1、ひと作家につき「5冊まで」出品が可能です。

2、出品する本は下記で案内される「栞」を自作し添付して下さい。

  栞がない本はお預かり出来ませんのでご注意下さい。

3、受付後、「みんなの本棚」まで本を持参して頂き、スタッフへお渡し下さい。

4、お預かりした本はスタッフが展示を致します。

 

※書籍の内容によっては出品をお断りする場合が御座います。

※出品された書籍の破損紛失の責任は負いかねます。予めご了承ください。

 

_

 

本の出品の際には以下項目を記載した栞を添付して下さい。

 

 

栞は「栞本体」「引換券」によって構成されます。

 

 

「栞本体」には…

・本のタイトル

・価格

・コメント

をご記入ください。

 

「引換券」には…

・本のタイトル

・サイン(TITLE部分のみ記載/SIGNは空欄にしておく)

をご用意ください。

 

__

 

「販売方法」

 

1、お好きな本を選びましたら、みんなの本棚に常駐するスタッフまでお声がけ下さい。

2、選んだ本はスタッフへお預け頂き、上記「栞」の「引換券」をお渡しいたします。

3、引換券の裏に記載された「ブースNo.の作家さん」のもとで会計をしていただきます。

  その際に、必ず「SIGN」に署名をしてもらってください。

4、会計後、再度みんなの本棚へお戻り頂き、「引換券」と「本」を交換して下さい。

5、引換券のSIGNをスタッフが確認したら、お預かりしている本をお渡し致します。

 

※本の購入時、紙袋などの準備は御座いません。エコバッグなどご持参ください。

※ご購入時の領収書の発行は、購入した作家さんより発行してもらって下さい。

 

__

 

 

※「みんなの本棚」へのお問い合わせは下記メールまでお気軽にどうぞ。

 

info@andscene.jp

 

担当スタッフ

名倉哲

 

 

 



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





【BOOKS&SCENE 2017】出展者紹介その5



毎年恒例の企画エリア「BOOKS & SCENE」にご参加の作家さん紹介です。
最後は本屋さんブースのご紹介です。

ご紹介している以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約90ブース)→ 10月22日の出展者リストはこちら★



BOOK SHOP
SUNNY BOY BOOKS
http://www.sunnyboybooks.jp/

毎度本屋ブースで出店させていただている学芸大学駅にある小さな本屋SUNNY BOY BOOKSです。
お子さんと読んで、見て楽しい絵本や生活にちょっとしたアイデアを与えてくれる本を古本、新刊合わせてお持ちします。
そして今回は当店が出版した『ponto|わたしたちの聲音』の関連ライブが本堂でもあります。
刊行後初めての朗読ライブ(無料)ですので、この機械にぜひお立ち寄りいただき、ブックレットもゲットいただければ嬉しいです!
清々しい秋の養源寺でお待ちしております◎

*本堂でのライブは10:00〜 詳しくはこちら




BOOK SHOP
ひるねこBOOKS
https://www.facebook.com/hirunekobooks/

猫の本や、絵本・児童書、衣食住など暮らしの本、アート、北欧関連本など。
古書をメインに、新刊や各種リトルプレス/ZINEも取り扱っています。
&SCENEは毎回参加していますが、今回は「BOOKS&SCENE」ということで、いつにも増して本好きの方に手にとっていただけるような本を揃えるつもりです。









http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【BOOKS&SCENE 2017】出展者紹介その4



毎年恒例の企画エリア「BOOKS & SCENE」にご参加の作家さん紹介です。
その3、その4は食品ブース【 本 と お や つ 】の13組をご紹介します。
本を片手にほおばる、おやつ。
本とおやつがつくるすこしだけ特別な時間。

ご紹介している以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約90ブース)→ 10月22日の出展者リストはこちら★



booth no. 38
ヨポポネ
https://yopopone.com

お菓子の栞、あったら楽しいなぁ。
読書の合間にぽりぽり。
いつもは素朴な焼き菓子ですが、今回は、本を広げる時間が楽しくなるように、色も味もカラフルなクッキーを持っていこうと思います。

ヨポポネ.JPG


booth no. 39
完熟ケーキ専門店・Banana Cafe (バナナカフェ)
https://ameblo.jp/presentcake/

しっとり、季節の完熟素材を焼き込んだ焼き菓子 完熟ケーキの製作・販売をしています。

一番人気の 完熟バナナケーキや 秋の味覚が たっぷりと詰まった 季節のケーキ

そして 秋晴れの空の下で 本を片手に ちょっと贅沢な おやつタイムを楽しんでいただける テイクアウト仕様の 完熟ケーキを制作します。

ばなな2.jpgばなな1.jpg


booth no. 51
焼き菓子の店Filica
http://www.filica.jp

秋の風を感じながら、読書と一緒に楽しめる焼き菓子をお持ちします。
栗やお芋、かぼちゃなどの秋の素材を使ったタルトやクッキーはいかがでしょう。

Filica.JPG


booth no. 52
TeF
https://www.facebook.com/teflabo/

テッフルはTeFのオリジナルのゴーフルです。
サクッと薄焼きにした生地にフレーバーキャラメルをサンドしています。
本を読みながら、片手にテッフル!読書のお供にぴったりです。

TeF 02.jpgTeF 01.JPG


booth no. 53
シイたけぞう
https://shi-takezou.jimdo.com/

原木椎茸農家のシイたけぞうです。収穫したものを中心にジャムやオイル漬けレモングラスを準備していきます!椎茸のオイル漬けでさっときのこを炒め、本を読みながらつまみ食い。休日のひと時。本を読みながらレモングラスティーでゆっくりと。素敵な企画 たのしみです。お待ちしています!

しいたけ1.jpgしいたけ2.jpg


booth no. 54
夕暮れと菓子
https://www.instagram.com/yuguretokashi/

こんにちは、夕暮れと菓子です。本とおやつ、どうやって組み合わせたら良いのだろう、、といろいろ考えています。絵本を読みながらお魚クッキーを食べたらどう?夜更かしして読書するときは満月のサブレはどうかな?など提案できたら面白いかも、と思っています。 よろしくお願いします!

yuugure.JPG


booth no. 55
+COFFEE
https://pluscoffee.thebase.in/

+COFFEEはスペシャリティコーヒーのマイクロロースター。日常の中のさまざまな場面・モノ・コトにコーヒーを+することでより豊かな時間を過ごすお手伝いができたらと考えています。 今回は温度の変化でいろんな表情が楽しめるようなゆっくりと読書のおともになるようなブレンドをご用意いたします。

COFFEE2.JPGCOFFEE1.JPG






http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【BOOKS&SCENE 2017】出展者紹介その3



毎年恒例の企画エリア「BOOKS & SCENE」にご参加の作家さん紹介です。
その3、その4は食品ブース【 本 と お や つ 】の13組をご紹介します。
本を片手にほおばる、おやつ。
本とおやつがつくるすこしだけ特別な時間。

ご紹介している以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約90ブース)→ 10月22日の出展者リストはこちら★



booth no. 30
cocofulu cafe
https://m.facebook.com/cocofulu/?locale2=ja_JP

北区西ヶ原でカフェをしております、cocofulu cafeです。今回初めての出店となります。
お店のコンセプトは、ジャンルにとらわれず美味しいお菓子を。と、様々な焼き菓子をお店で一から作っています。今回の企画に合わせて、本を読みながら気軽に召し上がっていただけるクッキーやパウンドケーキなどをお持ちする予定です。

cocofulu3.jpgcocofulu2.jpg


booth no. 31
FINE CAKES/KACO

自由が丘のお隣、奥沢の土曜日だけの焼き菓子店 FINE CAKESです。季節の食材や安全な材料で日常に溶け込むお菓子を手作りしています。今回は、BOOKES&SCENEのテーマにあった、読書の時についついつまんでしまうクッキーや、ラムレーズン、秋の素材を使った、秋の夜長を豊かにするお菓子を販売いたします。

fine1.JPGfine2.JPG


booth no. 32
佐渡保存
http://sadohozon.jp/

涼しくなってきた秋の風に合う、ほっこりするようなジャムやソースをお持ちします。
イチジクとカラメルを合わせたジャムや、かぼちゃとジンジャーのジャムなど、バルサミコとイチジクのソースなど無添加で優しい味わいの瓶詰めです。
読書の合間にホッと一息、スコーンなどに合わせてどうぞ。

さど1.jpgさど2.jpg


booth no. 33
Blanc chien
http://blancchien.cocolog-nifty.com/blog/

自家製酵母を使ってひとつづつお菓子やパンを手作りしています。読書をしながら秋の味覚を楽しんでもらえるお菓子やパンを持っていきます。ゆっくりと至福のひとときを過ごして頂けたら嬉しいです。

Blanc chien 商品写真.jpgBlanc chien 商品写真2.JPG


booth no. 34
Tsucurite
http://www.tsucurite.com

旬のお野菜や果物を使ったお菓子屋です。今回は本を片手にポリポリつまめるような、しみじみ味わえるお菓子をご用意します。卵や乳製品は不使用なので、ちょっとした手土産にもオススメです。


tukurite2.jpg


booth no. 37
りんご畑の菓子工房 千果
https://ameblo.jp/confiture-senka/

長野の自家農園や近隣の畑でりんごやぶどう、栗を使って、コンフィチュール(ジャム)や焼き菓子を作っています。
形が良くなくても、とびきり美味しいものが産地にはたくさんあります。
この時期ならではの素材で丁寧に作ったおやつを、ご紹介したいと思います。

ringo1.JPGringo2.JPG






http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【BOOKS&SCENE 2017】出展者紹介その2



毎年恒例の企画エリア「BOOKS & SCENE」にご参加の作家さん紹介2回目です。

ご紹介している以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約90ブース)→ 10月22日の出展者リストはこちら★



booth no. 46
meku
https://www.mekubykiriko.com

ブランド名の“meku”とは、ときめく、きらめく、など語尾につけることで物事の“感じ”がはっきりしたり、より“らしく”見えることから名付けました。

メッセージを特別なものにする一点物のドローイングアートのステーショナリーと身につけるアートとしての雑貨なども提案しています。

今回はBOOK & SCENEに向けて、定番のブックカバー、ブックマーク、メッセージカードなどの新作をたくさんご用意してお待ちしております。

作品にはそれぞれタイトルとストーリーがあって私の思いが詰まっていますので、気になる物がございましたら是非お声掛けくださいね




booth no. 47
atelier aya
http://www7b.biglobe.ne.jp/ayapanna

陶器を制作しているatelier ayaです。
読書は、 例えば電車に乗っているときのようなちょっとした合間に本を開くときや、心地よい椅子やソファに腰を下ろして、じっくり本を楽しむときがあると思います。
私の器は、みなさんがお気に入りの場所で、心地よいソファに腰掛けながら読書する時間がより楽しくなるように、読書のお供、コーヒーやおやつなどにお使いいただける作品をお持ちいたします。




booth no. 48
編吟革盤舎(ペンギンカバンシャ)
https://www.instagram.com/penguinkaban/

「革盤」とは鞄の古い綴り方。
古いもの、懐かしいもの、昔の記憶を呼び覚ますようなもの。
そんな香りを日常の中にもたらすために、革という素材を選びました。

革は、あなたがそれを使う時間をともに歩んで変化し、どのように使い込まれたかをありありと語ります。
書斎にしまい込むのではなく、どうぞ外へ連れ出してください。

「洋古書風のブック・ブックカバー」
「活字狂のための文庫本バッグ」
「豆本型ブローチ」
など、読書生活を少し楽しくするための小品を揃えてお待ちしています。




booth no. 49
やさびしいかるた

やさしくて少しさびしい、モノクロ写真のかるたです。
その日の気分で、写真とことばを組み合わせてみてください。
何度読み返しても あたらしい風が吹く「本」のように、心の移ろいを感じながら、くり返し楽しんでいただければと思います。




booth no. 50
Ponto:STAMP
http://twitter.com/pontostamphttp://instagram.com/pontostamp

今年で『BOOKS&SCENE』は3回目の出展となります。毎年創っている記念スタンプ。2017年はコーヒーを飲みつつ秋の夜長の読書に耽るクマをデザインしました。ぜひ会場でお気に入りの本やノートに押してください。模様作品、蔵書印やお名前のライブカービングも行います。




booth no. 56
otokka
https://m.facebook.com/Otokkajapani/

新作のブックカバーと
読書の相棒、コーヒーやメガネの刺繍ブローチを出品します。









http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【&music】2017.10.22 本堂ライブ 午前の部 / 出演:ponto

ponto

ponto

 

< プロフィール >
pontoはエスペラント語で「橋」の意味。2014年に小説家・温又柔と音楽家・小島ケイタニーラブが、言葉と音を交し合いながら共同制作するために結成したユニット。創作の拠点はSUNNY BOY BOOKS。構成、音響、演奏を通して2人の活動を支える伊藤豊が2014年9月より加入し、3人によるパフォーマンスを美術館、学校、本屋などで重ねている。


■温又柔(おん・ゆうじゅう)
小説家。1980年台北生まれ。3才より東京在住。台湾語混じりの中国語と日本語が飛び交う環境で育つ。著書に『来福の家』(集英社)、『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社)、『真ん中の子どもたち』(集英社)

 

■小島ケイタニーラブ(こじまけいたにーらぶ)
音楽家。1980年浜松生まれ。18才より東京在住。歌を作ることと歌うことが好きである。主な作品にアルバム『It’s a cry run』
(Rainy Day Records / スイッチ・パブリッシング)、CDブック『ミグラード 〜 朗読劇『銀河鉄道の夜』』(古川日出男・管啓次郎・柴田元幸との共著 / 勁草書房)、楽曲『毛布の日』(NHK「みんなのうた」)など。また歌手として日本テレビ系列番組「遠くへ行きたい」主題歌、ミスタードーナッツCM「ドレミの歌」の歌唱多数。

 

■イトウ ユタカ
音楽製作業と並行して近年、著述業を開始。2015-16年、雑誌SWITCHにて音楽家・小島ケイタニーラブ、写真家・朝岡英輔とともに記事を連載。小島と作家・温又柔 のユニットpontoに雑談/音響として参加中。

 

photo by 朝岡英輔

 

・HP 
http://www.sunnyboybooks.jp/author/ponto/
(ここから今まで創作した作品がみられます)


< info >
2017.10.22 (sun)
open 9:30 / start 10:00
act ponto
charge 投げ銭制
at 養源寺 本堂 (&SCENE手創り市会場内)
access 東京都文京区千駄木 5-38-3
map  http://www.andscene.jp/access.html
 
 


< SUNNY BOY BOOKSさんよりコメント >
SUNNY BOY BOOKS出版第2弾として刊行される温又柔と小島ケイタニーラブによるCDブックーーそれぞれ異なる本を軸に紡がれた、対となる歌と物語を4つずつ収録しています。&SCENEの本堂ライブではこちらに収められている作品を中心に未収録作品も含めた朗読ライブパフォーマンスをいたします。この機会にぜひお立ち寄りください。

 

< 担当スタッフより >
今回、SUNNY BOY BOOKS 高橋さんよりこんな豪華な朗読ライブのお話をいただきました。BOOKS & SCENEに合わせて開催できるのを嬉しく思います。文化の秋!谷根千散歩にも最適な秋!ぜひ1日楽しんでいってくださいね♪(三木)

 
< note >
雨天などで手創り市が中止になった場合、ライブも中止となります。
お寺の本堂を利用させて頂く関係上、本堂内は飲食厳禁となります。
ご入場の際には飲食物の持ち込みはお断りさせて頂きます。
ご理解ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

 
HP:http://www.andscene.jp
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi
 




【BOOKS&SCENE 2017】出展者紹介その1



毎年恒例の企画エリア「BOOKS & SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
まずは、一般ブース【 本にまつわるあれやこれ 】の12組の作家さんを2回に渡ってご紹介。

今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約90ブース)→ 10月22日の出展者リストはこちら★

また、出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もあります。
ご来場お待ちしております!


booth no. 40
Growthring Leatherworks
https://growthring-lw.jimdo.com

手縫いでチクチク革小物を製作しています。
BOOK&SCENEでは、使うほどに色艶を増していく革のブックカバーと秋の夜長に欲しくなる暖かいコーヒーを愉しむためのカップスリーブを中心にお財布やノートカバーなどの革小物をご提案します。

革が好きだと言う人も、革って大変そうと心配な人も、自分でも何かを作ってみたいという人も秋の心地よいひと時を養源寺の境内でご一緒しましょう! お待ちしています。




booth no. 41
:trunk: chiyo
http://in-the-trunk.com

物語りのある絵を描いています。
絵本、カード、ブックカバー、しおり、バッグ、人形など、小さなお話の中に遊びに来ていただけましたら幸いです。




booth no. 42
ロビンソン・ファクトリー
http://www.robinson-factory.com

「BOOKS&SCENE」は、昨年に続き2回目の出店です。
手作りの本を並べます。
木版画をベースにしたイラストで、ささやかな物語を作っています。とはいっても、ストーリーはあったりなかったり。見る人によって、少し違った世界が広がります。
内容に合わせ、大きさ、形、紙などを変えていますので、手ざわりも楽しんでください。
小さくて薄い、本棚の隙間に、そっと置ける本です。




booth no. 43
kurokuma
http://www.instagram.com/kurokumaart/

ワイヤーに毛糸や糸を巻きつけた動物たちを作っています。
動物たちは、手足や羽などの一部を曲げ伸ばしすることができます。
今回の「BOOKS&SCENE」では、クリップ式のブックマーカーを中心に、ブローチなどもご用意してお待ちしております。
ぜひ、手にとってご覧ください。




booth no. 44
タイシルクハウス





booth no. 45
black-rabbit
http://www.black-rabbit.pictures

こんにちは。black-rabbitと申します。
「本棚に飾るアクセサリー」と称して本棚周りに飾る小物を製作しています。

その中の一つ、“本棚を飛ぶ鳥”は、まるで本の上を鳥が飛んでいるかのように見える栞です。
昨年の「BOOKS&SCENE」で、初めて販売させていただきました。
1年経って、少し進化した小物たちをご覧いただけると嬉しいです。
もし1年前に購入された方がいらっしゃいましたら、ぜひ、お声をかけてくださいね ♪







http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【&music】2017.10.22 本堂ライブ 午後の部 / 出演:dodo

dodo

 

< プロフィール >
2010年結成の男女二人組バンド。

うちだあやこ(vo,g)、不知火庵(vo,g)の透徹なユニゾン歌唱が特色。

2016年にはdodospecialとして4人バンド体制でのアルバム

「ドードーよ、永遠に!」をリリース。

2017年は本来の2人バンドとしてのフルアルバムリリースに向け製作準備中。

 

・URL
https://dodo-yushaderin.tumblr.com/

 

 

 

 
< info >
2017.10.22 (sun)
open 13:00 / start 13:30
act dodo
charge 投げ銭制
at 養源寺 本堂 (&SCENE手創り市会場内)
access 東京都文京区千駄木 5-38-3
map  http://www.andscene.jp/access.html

 

 
< アーティストコメント >
手作り作品の魅力にはもうずっと取り憑かれています。自分には音楽しか作れないので、この度その音楽で参加できることが出来、とても嬉しいです。(うちだ)
今年2月24日、古書ほうろう(千駄木3-25-5)のライブイベントに参加した際、文京区そして千駄木の町並みに大変心惹かれました。
今回は素敵な手創り市そしてお寺で演奏できることができて、武者震いがします。がんばるぞ!(不知火)

 
< スタッフのコメント >

youtubeで「君のおかげ」「マカロニ柑気楼」の映像をみて以来、ずっと気になっていたdodoのお二人。
今年6月にご出演は、残念ながら雨天中止となってしまいましたが、10月にご出演いただけることとなりました。ぜひお越しください。(cosa)

 
< note >
雨天などで手創り市が中止になった場合、ライブも中止となります。
お寺の本堂を利用させて頂く関係上、本堂内は飲食厳禁となります。
ご入場の際には飲食物の持ち込みはお断りさせて頂きます。
ご理解ご協力のほど何卒宜しくお願い致します。

担当:cosa (手創り市写真部)

 
HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi
 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category