RSS1.0 | Atom0.3



&spring 春もよう:出展者紹介その8


 



nagamori chika ブースNo.S17&ワークショップ
 
【nagamori chikaさんより】
春の空気の中、
春の色を手にして、
ほほえんでもらえたら嬉しいです。
 
【スタッフおおばより】
ワークショップ『春を織る』も担当していただくnagamori chikaさんの作品、
わたしの中の春もようど真ん中。
ぜひ織りあげられたさまざまな春もように触れにきてほしいです。
 




fabbrica MANO ブースNo.S31
 
【fabbrica MANOさんより】
樹脂やプラ板などを使って、ブローチや耳飾りなど身につけるものを制作しています。
「&spring 春もよう」では、新作を含め、春の柔らかな空気を感じられるものをお届けしたいと思います。
 
【スタッフ砂井より】
色鮮やかなfabbrica MANOさんのブローチを身につければ、
誰の胸にも春のわくわくが訪れそうです。春のお散歩にぜひ。
 




まんまる〇 ブースNo.S8
 
【まんまる〇さんより】
活版×デザインユニットの、まんまる〇です。
活版印刷のインクは目に鮮やかに飛び込んで来て、春にぴったり。
黄色いインクと活版ならではのデコボコが楽しめるミモザのカードを作りました。
その他にも春にぴったりのカラフルなアイテムご用意します。
 
【スタッフ名倉より】
春のおとずれミモザのカード。
いろとりどりのミモザでそっと
アリガトウを伝えませんか?
 




ヒグチエリ ブースNo.S33
 
【ヒグチエリさんより】
春は外に出ると沢山の生命力を感じます。
植物や花が沢山開いて「パっ!」とした気分にさせてくれます。
春もようではそんな気分も装いも「パっ!」と明るくなるような刺繍の小物を並べたいと思います。
 
【スタッフ橋本より】
もこもこ、つぶつぶのステッチや、いろいろなかたちと色がたのしい
ヒグチエリさんの刺繍。見ているだけでわくわくします。
淡い色づかいなのに、不思議と甘すぎず、
だけどぱっと目をうばわれる作品は、春の装いにぴったりです。
 




麻布楽屋 ブースNo.S28
 
【麻布楽屋さんより】
麻や裂き布を使ったカゴバッグや再生綿糸のアクセサリーを制作しています。

木々の芽や花のつぼみがほころび、街中の色味が明るくなる季節。
こころウキウキワクワク、そんな日常に寄り添える「春もよう」をお届けします。
 
【スタッフ砂井より】
&SCENEには初めてご出展いただきます。
麻、裂き布を使った温かみのあるかばんやアクセサリー。
どんな春もようを届けてくれるのか、楽しみです。
 


33組の&spring春もようの出展作家さんを紹介してきて、
それぞれの作家さんがこちらが考えたテーマで作品を作ってくれるって、すごく贅沢なことだなぁありがたいことだなぁと思いました。

参加いただく作家さんに改めて感謝を伝えたいです。


26日はたくさんの春もようを探しにぜひ&SCENEへ。

どんな春もようがあるかは”#春もよう”で検索してみてください。
みなさんもぜひ自分の中の春もようを“#春もよう”でつぶやいてみてください。


BGMにライブを担当していただく紺エリコさんを聞きながら。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その7


 



山木常江 ブースNo.S16
 
【山木常江さんより】
「ちいさな ちいさな 生き物たち」を作陶しています。
やわらかな色合いのブローチを、たくさん並べられたらと思っています。
 
【スタッフおおばより】
淡い甘いおいしそうな色、やわらかいさわり心地、コロンとしたかたち。
山木さんのブローチ自体が春をあらわしています。
並べてみているだけでも幸せな気分になれるそんな作品たちです。
 




ことり薬草 ブースNo.S24
 
【ことり薬草さんより】
ことり薬草は、旅するハーブティ屋です。
からだやこころの調子を整えたり、願いを叶えるお茶を調合します。
今年の春のおすすめは、
整腸作用とリラックス効果のあるノンカフェインHerbal Spice Coffee◎
 
【スタッフ橋本より】
&SCENEに初めて参加いただくことり薬草さんです。
新しい生活が始まって、心身ともに緊張することが多いこの季節。
ことり薬草さんのお茶でひと呼吸おいたら、本来の自分に戻れそう。
ぜひお話ししながら自分に合ったお茶を選んでくださいね。
 




レモンノイレモン ブースNo.S30
 
【レモンノイレモンさんより】
こどもの頃、大切にしていたプラスチックでできたおもちゃのアクセサリーをイメージして作っています。
大人になってもあのときのドキドキ キラキラを忘れないように...

全て1点物のアクセサリーで、色や形も様々です。
じつくり選んでお気に入りを見つけて頂けたら嬉しいです。
 
【スタッフ砂井より】
&SCENE初めてのご出展で、春もようにも参加していただくレモンノイレモンさん。
意外性のある色合わせで、うきうきわくわくを届けてくれるアクセサリーです。
 




堂地堂 ブースNo.S32
 
【堂地堂さんより】
紙工房 堂地堂は下町の小さな製本屋がひらいたお店です。
製本の余り紙やダンボールを使ってユニークてちょっぴりエコな紙雑貨を作ってます。
手創り市は初出店です。
春の新作豆ノート等、ほとんどが1点物の手づくりのノートやメモをお持ちします。
たくさんの方に手に取ってもらえたら嬉しいです!
 
【スタッフ石井より】
文具好きにはなかなかたまらない、&SCENE初出展・堂地堂さんの素朴なお手製リングノート、メモ帳、スケッチブック…。
向島のお店に行けば、好きな柄の紙と合わせてオリジナルマイノートも作れちゃいます。
今回お持ちいただく春の新作豆ノートがとっても楽しみ!
 


A&C静岡が終わったと思ったら、今週末は春のパン祭りが開催です。
そして来週末はとうとう&spring春もようが開催です!

ほうきを作るワークショップの小さなほうき作りは参加者を募集しています。
新生活のお供にほうき作りいかがでしょう?


春もよう作家紹介も残すところあと1回。
次回は17日更新、5組の作家さんを紹介します。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その6


 



コスモス・サボン ブースNo.S15
 
【コスモス・サボンさんより】
手に取ってみたいことをイメージした石鹸を作っています。
泡となって消える石鹸は、少し春に似ている気がします。
儚いけれど特別な季節。優しい春色の石鹸を用意していきます。
 
【スタッフ秋田より】
コスモス・サボンさんの石鹸はとてもいい香り。
これ好き、あ、こっちもいい香り!と何度も嗅いで、ブース滞在時間が長くなります。
ぜひお気に入りの香りを見つけてください。
 




HOLLY GRANT PATTERN ブースNo.S23
 
【HOLLY GRANT PATTERN さんより】
発色が良く、色褪せもしにくい染料で染色をしています。
色を組み合わせるのが大好きで、カラフルな作風ですので、
春が来るのを心待ちにしていました!
ハンカチ、バッグ類から、
染めた布を使ったアクセサリーなどもお持ちします。
 
【スタッフ名倉より】
にじみやぼかし、色とりどりの模様が
作品に豊かなグラデーションの世界を広げます。
HOLLY GRANT PATTERNさんの世界観はカラフルそのもの。
春のもよう。どんな作品がやってくるのかとても楽しみです。
 




bloomy ブースNo.S22
 
【bloomyさんより】
天然石やフランスのヴィンテージビーズ…。
小さな宝物を、シルクの糸で紡ぎました。

春らしい陽気にぴったりの軽やかなアクセサリー。

上着を脱いで
Tシャツやカットソーにさらりと合わせて
あなただけの春もようを…。
 
【スタッフおおばより】
天然石やヴィンテージビーズなど、女性らしいパーツたちで作られたアクセサリーは、つけていると、きっとステキな春を運んできてくれるはず。
 




bebelulu ブースNo.S29
 
【bebeluluさんより】
植物と樹脂を独自の視点で調合。植物の静かで美しい世界をかたち にしながらアクセサリーを制作しています。
今回の“春もよう”には、この春咲いたお花で作ったカラフルなアイテムをたくさん持っていく予定です。
 
【スタッフ砂井より】
お花、植物の匂い、おだやかな陽気をそのまま閉じ込めたようなbebeluluさんの作品は、まさに春を感じるもようたちです。
 


春もよう、当日はみなさんぜひ春の装いでご来場ください。
着るものや持つものなど身に付けるもので気分は変わります。

春の装いは、自分もそれを見た誰かも少しウキウキするはず。

もちろんスタッフも春の装いでお出迎えします。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その5


 



ho to ri - ya ブースNo.S27
 
【ho to ri - yaさんより】
植物の恵みをいただきながら、ろうそくを作っています。

じっくりとロウにうつした草木の色。
すてきな表情をみせてくれる、花びらや葉っぱ。

ロウと植物という、ふたつの素材の織りなす春もよう。
ぜひお手にとってご覧いただけたら嬉しいです。
 
【スタッフ砂井より】
植物染料を使った、淡い色合いのキャンドルたち。
春だからってシャキッとしなくても、水に浮かべてたゆたっていてもいいのです。
 




西洋菓子ミレイヌ ブースNo.S11
 
【西洋菓子ミレイヌさんより】
薄桜色の甘酸っぱいベリースノーボール、
定番のフルーツナッツグラノーラも「春もよう」限定仕様のいちご入りです。
春らしい季節のマフィンもお持ちします!
 
【スタッフおおばより】
1年前の4月に小さなワークショップをしていただいたミレイヌさん。
だからかな、不思議と春のイメージがあります。
毎回どんなお菓子を持ってきてくれるかなとワクワクしています。
人気なものはすぐに売り切れてしまうので、ミレイヌさんのブースには早めに来た方がいいですよ!
もちろん私は朝一に行きます!
 

20150407_771905.jpg

ウシヤマユミ ブースNo.S13
 
【ウシヤマユミさんより】
あたたかい春の海を想像して、色とりどりのウミウシ達をつくりました。
ぜひ白い洋服やバックのワンポイントとして、ウミウシを連れていきませんか?
春の色を意識した黄色とピンクを中心に揃えてお待ちしております。
 
【スタッフ橋本より】
この企画が決まったときにぱっとうかんだのが、
春色のウミウシがならんだ、ウシヤマさんのブースでした。
淡い色とぷっくりした質感がたまらなくかわいい!
たくさん迷って、お気に入りのウミウシを見つけてくださいね。
 




Le Sourire M ブースNo.S7
 
【Le Sourire Mさんより】
持っているとふわっと気分も軽やかになるような、
イエローやピンクやブルーなどの明るい色の布小物をお持ちします。

春のお出かけのお供になれたら嬉しいです。
 
【スタッフ石井より】
私はLe Sourire M(ル スーリール エム)さんの布小物作品全体に何となく、春っぽいパステルカラーな印象を持っていました。
今回、この企画に合わせた春の新作をご用意していただけるということで、どんな作品ができ上がるのか今からとても楽しみ。
チクチクと一針一針縫って作られたポーチ、コースター、ブックカバーなどのいろいろな布小物は、とても丈夫で使い心地も抜群です!
 


『春を織る』ワークショップの告知がはじまりました。
春もようのイメージにぴったりなワークショップなので、
こちらもぜひチェックしてみてください。

作家紹介は次回は11日に更新予定です。
11日はA&C静岡の開催日ですね。
こちらも楽しみです。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その4


 



rala design ブースNo.S4
 
【rala designさんより】
ララデザインの春は「初めての春」。
入学や就職のお祝いを、初めてメッセージカードで。
春を迎えた近況を、初めてのレターセットで。
渡したこと、贈ったことがない相手に
カードや手紙で伝える「初めての春」を後押しします。
 
【スタッフ名倉より】
「お世話になっております」
「先日はありがとうございました」
よくある、便利だけどなんてことのないメール。
たまにはこんなレターセットで
感謝の言葉を送ってもいいかもしれない。
春の陽気で、気分も替えどき。
 




シャララ舎 ブースNo.S10
 
【シャララ舎さんより】
『琥珀糖』という名のシャリシャリの砂糖菓子を作っています。
桜に抹茶、洋梨の春の小石mixと、
鯉のぼりなどのこどもの日用のモチーフも持っていきます。
ポカポカな春のもようになりますように。
 
【スタッフ石井より】
透明感ある豊かな色彩とシャリっとした食感で、いつも私たちの目も舌も楽しませてくれるシャララ舎さんの『琥珀糖』。
四季やその折々の行事をモチーフにした色形も毎回楽しみのひとつ。
桜、新緑、鯉のぼり。今回はどんな琥珀糖が飛び出すのでしょう。
おうちでソーダ水やレモネードなどに入れて、春もようver.のドリンクも楽しめますよ!
 




ogu ブースNo.S19
 
【oguさんより】
春は、動物たちが草木たちが人々が動き出しますね。
人それぞれの春もよう。
今の自分にしっくり馴染む春もようを見つけにいらしてください。
きっとワクワクする会場になりますね。楽しみです。
私は布に「色」をたくさん集めて、お待ちしたいと思います。
 
【スタッフおおばより】
いろんな動物たちが印象的なoguさんの作品。
動物たちの表情が何ともいえずかわいいです。
会場にどんな「色」を散りばめてくれるか楽しみです。
 




ironna happa ブースNo.S20
 
【ironna happaさんより】
春のおでかけのおともに。
持っていると、身につけていると、何だか楽しくなる。
そんな刺繍小物をお持ちできればと思っています。
よろしくお願いします。
 
【スタッフおおばより】
やさしい色合い、ころんとしたかたち、見てるだけでほっこり。
ストールに、かばんに、ワンピースに、どんなものにもなじみそうですね。
 


今回で紹介は4回目、ちょうど半分。
合計32組の作家さんが春もように参加いただいているので、ほんと見応えがありますね。

次回の紹介は4/8になります。
次はどの作家さんかな?楽しみにしていてください。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その3


 



nul ブースNo.S18
 
【nulさんより】
陶器のようなしっとりとした不思議な質感と、軽い着け心地のプラスチックアクセサリーをすべて手描きで作っています。
春らしい、温かで気持ちのいい日々に似合うよう、想いを込めて。
 
【スタッフ秋田より】
&SCENEには初めてご参加いただきます。
nulさんの作品は、例えばお花モチーフは一見ガーリーな感じなのですが、
パキっとした色合いのせいか、シンプルな服に付ければシックにまとまります。
春なので白いシャツにポンとひとつ付けたいですね。
 




fil-vie ブースNo.S9
 
【fil-vieさんより】
今回初めて手創り市に参加させていただきますfil-vieと申します。
卵、乳製品、お砂糖を使用せず、国産小麦粉や季節の食材、甘酒や味噌など日本の調味料などを使いお菓子を作っています。

デザートという感じではないですが、おなかの空いた時にちょっと食べてほっとできるお菓子を作れたらと思っています。

4/26は桜のクッキーや季節の野菜を使ったマフィンなどご用意してお待ちしています。
 
【スタッフ橋本より】
fil-vieさんのお菓子を初めて買ったのは、1回目のmeets broochの会場でした。
やさしくて素朴な味に、心と体がほぐれたことを覚えています。
春の散歩のおともに、fil-vieさんのお菓子があったら頼もしくてうれしいな。
どんな春のお菓子が並ぶのかたのしみです。
 




たじまひろえ ブースNo.S14
 
【たじまひろえさんより】
毎年春は、ムクムク&わくわくします。
草花生き物が目を覚まし、射す光が明るくなる春のエネルギーをひとひら…
絵に乗せてお届けできたら、そして皆で一緒に味わえたらとても幸せです。
 
【スタッフ石井より】
「そういえばもう春か…」と思った時、たじまひろえさんのイラスト作品がパッと頭に思い浮かびました。
赤、青、黄、緑と鮮やかに散りばめられた色使いと繊細なタッチ。
たじまさんの絵の中には確かに春の躍動感があるように思えるのです。
 




to*air ブースNo.S6
 
【to*airさんより】
コートを脱いだ小さな子どもが、
遠くに、近くに、飛び跳ねながら散歩をしているような、
ワクワクする春のリズムを、
軽やかなレースで身に纏い、
動き出す。

たくさんの、「春もよう」が
足取りも軽やかに、動き出せますように。
 
【スタッフおおばより】
春の花をやさしい色で紡ぎだすような、そんなto*airさんの作品たち。
レースのお花を身に付けたら、散歩しにどこかに繰り出したくなるはず。
 


出展者の紹介も今回で3回目。
春もようがどんどん集まってきました。

次回の紹介は4/5を予定しています。
それまでに2つ目のワークショップの告知が入るかもしれません。
こちらもお楽しみに!

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その2


 



doop ブースNo.S21
 
【doopさんより】
暖かくなってウキウキする季節とともに
ペーパーアクセサリーでハデにカラフルに
さらにおしゃれをしてウキウキしていただければと思います!
 
【スタッフおおばより】
ポップでカラフルで身に付けたら元気になれるようなdoopさんのペーパーアクセサリー。
カタチももようも様々なのでお気に入りを見つけに来てほしいです。
 




zucu ブースNo.S12
 
【zucuさんより】
オリジナルデザインの注染てぬぐいをつくっています。
「&spring 春もよう」へはいつもの手ぬぐいに加え、
春からの新しい試みである、レタープレスの小さなメッセージカードを持って行きます。
 
【スタッフ名倉より】
春に生まれた両親の誕生日がもうすぐやってくる。
ちょっとしたものを贈るのにあわせてメッセージカードを添えてみようか。
春の陽気で、気恥ずかしさをごまかして。
 




クルテ絵ガラス商店 ブースNo.S5
 
【クルテ絵ガラス商店さんより】
板ガラスにガラス絵の具で絵付けし、陶芸の窯で焼きを重ねて作ったパーツで、
アクセサリーや鏡、ランプを製作しています。
 
【スタッフ秋田より】
春もよう企画をやろうと決まって、真っ先に思い浮かんだのが
クルテ絵ガラス商店さんのお花でした。
カラフルでノスタルジックな作品たち。どんな春もようにしてくださるかな。
とても楽しみです☆
 




つくりて ブースNo.S25
 
【つくりてさんより】
暖かくなって、おでかけする機会が多い春。
そのお供に持っていきたくなる様な、
見ても、食べてもウキウキしちゃうお菓子をご用意する予定です。
 
【スタッフおおばより】
甘いだけじゃない、野菜や果物の味がしっかりついていて、時にしょっぱいものもある。
そんなつくりてさんのお菓子は、小腹がすいた時のおやつにぴったり。
仕事で疲れた時に、春を感じるちいさなおやつに癒されたいな。
 


2回目の出展者紹介でした。
次は3月31日にアップ予定です。

桜も咲き始めて、街中に春もようが増えてきた気がします。
4月26日は春もようが満開になっているはずです。

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




&spring 春もよう:出展者紹介その1



&spring春もように参加いただく作家さんを、4名ずつ8回に分けて紹介していきます。
作っている作品や素材はさまざまですが、それぞれが思う春もようを少しでも感じていただければと思います。
 



harihari ブースNo.S1
 
【harihariさんより】
「春もよう」といえば生き生きとエネルギーを放つ植物。
そんなパワーを感じてもらいたくて今回はドライの他にもフレッシュのお花やグリーンをご用意いたします。
ワクワクしてもらえたらこれ幸いでございます。
 
【スタッフおおばより】
春になると花を飾りたくなる。
毎日目に入るところに花があると、自然と気持ちが明るくなる気がする
。 harihariさんにこの花は何ですか?とお話ししながら花を選ぶ、そんなシーンを今から楽しみにしています。
 




yurimaeda ブースNo.S2
 
【yurimaedaさんより】
現象のようなものを形にしています。
土のアクセサリーは特にそれが表れていて、圧してできたテクスチャを、その時よいと思う形に切り取っています。
今回は草花と水をイメージして、箔がやわらかく光る春もようを作れたらと思います。
 
【スタッフ秋田より】
&SCENEには初めてご参加いただきます。
小さなかけらの中にぎゅっと詰まった yurimaeda さんの世界。
キラキラ、揺らめく作品にいつも見入ってしまいます。
作品はもとより、写真・パッケージ・名刺も美しいです!
 




uris ブースNo.S3
 
【urisさんより】
ミントブルー、ローズピンクのリネンに小花柄のテキスタイル。
春の訪れを楽しんで頂けるバッグを用意してお待ちしています。
 
【スタッフおおばより】
春は散歩にピクニックにどんどん外に出たくなる。
そんな時にurisさんの花柄のバッグはきっとぴったり。
シンプルな白いワンピースを着てurisさんの花柄のバッグをもって出かけたいなぁ。
 




Tralalala. ブースNo.S26
 
【Tralalala.さんより】
麻や絹の糸をかぎ針で編んだ、クロッシェレースのアクセサリーを制作しています。

春になると うきうきする
そんな気持ちで生成の糸を染めて

春になると ドキドキする
そんな気持ちを一目一目に込めて

糸で編んで創った、Tralalala.の春もようをお届けできたらと思います。
 
【スタッフ秋田より】
繊細なレース編み。可憐なお花たちにもう心わしづかみ!
Tralalala.さんのInstagramを日々ガン見しております。
 


写真を見ているだけで、春を感じられます。
作家さんやスタッフから写真とコメントが届くたびに、4/26の開催が待ち遠しくてしかたなくなります。

そんな時のBGMは4/26にライブをしていただく紺エリコさんがぴったり!
→ ライブ情報はこちら

最近はひっそりとtwitterで『#春もよう』をつけてわたしなりの春をつぶやいています。
ぜひみなさんも日常で春を見つけた際は『#春もよう』をつけてみてください。

次の作家紹介は3/28を予定しています。
みなさまお楽しみに!

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook




【 &spring 春もよう 】(4月26日開催)


& s p r i n g 

春 も よ う


春になると明るい色を持ちたくなる。

春になるとかわいい柄に目がいく。

春になると新しい自分をみつけたくなる。


気持ちがうきうきするような、

春を感じるもようたちで、

&SCENEの会場を彩りたいと思います。


きいろ、ピンク、オレンジ、

花柄、水玉、ストライプ、

イラスト、テキスタイル、


布もの、紙もの、陶器、織り、刺繍、フード


それぞれの春もよう



「会期」

2015年4月26日(日曜)

※雨天中止



「出展ブース」

1ブース 1.8m×1.8m

※パラソルとテントはブース内であれば使用可能



「会場のイメージ」

&SCENE会場内に&spring春もようのコーナーをつくります。

同時に、春もようをイメージしたワークショップを開催致します。



「申込みについて」

自分なりの春もようをイメージした作品を展示販売できること。

布もの、紙もの、陶器、織り、刺繍、フード、もちろんそれ以外にもOK。

出展者発表後、「&spring 春もよう」出展者紹介を&SCENEのブログやSNSで行います。


※4月&SCENEでは&spring以外の通常の一般参加も申込を受け付けております


※&springへの出展をご希望の方は、申込用紙・出展内容の欄に

「&spring 春もよう 出展希望」とご記入をお願い致します。


*お申し込み期間は2月22日〜3月12日事務局必着となります*



皆様のご応募をお待ちしております!!



&SCENE手創り市

おおば

Mail

HomePage

Twitter

Facebook









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category