RSS1.0 | Atom0.3



【BOOKS&SCENE】出展者紹介その6



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の本屋さんをご紹介いたします。


Bookshop
SUNNY BOY BOOKS
http://www.sunnyboybooks.jp/


IMG_9090.JPG

東京・学芸大学駅になる小さな本屋です。
絵本や小説、エッセイなどの読み物の古本を中心に、
サニーでお取り扱いのある作家さんのジンなどもお持ちします。
また今回は「本」をテーマにお店で展示をしてくれた銅版画作家・山口あきさんの小さな作品コーナーもできます。ぜひお立ち寄りください。

IMG_9091.JPG


Bookshop
ひるねこBOOKS
https://www.facebook.com/hirunekobooks/

books2.png

今年の1月に根津にオープンした小さな本屋です。
絵本やアート、暮らし、猫の本などの古書・新刊、それから北欧の本や雑貨も揃えています。
毎日の暮らしが楽しくなる本、谷根千がもっと好きになる本などたくさんお持ちします。


出展者紹介その1
出展者紹介その2
出展者紹介その3
出展者紹介その4
出展者紹介その5
出展者紹介その6

これまでにご紹介した企画エリア以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日のすべての出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





【BOOKS&SCENE】出展者紹介その5



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日の出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!

 

 

 


ブースNO. 54
kurokuma
http://kurokumaan.tumblr.com/

54-1.jpg

はじめまして。毛糸や糸を巻きつけた動物の小物をつくっているkurokumaです。
「BOOKS&SCENE」では、ちょっとしたアクセサリーとしても使えるブックマーカーを用意したいと思います。
他にも、フクロウやクマなどの動物たちの小物を用意してお待ちしています。

54-2.jpg

 

 

 

 

 


ブースNO. 55
やさびしいかるた

55-1.jpg

やさしくて少しさびしい、モノクロ写真のかるたです。
同じ風が吹く、写真と言葉の組み合わせを見つけてみてください。
本をゆっくり読むように、かるたもゆっくり楽しんでいただければと思います。

55-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 56
Ponto:STAMP
http://twitter.com/pontostamp
http://instagram.com/pontostamp

56-1.jpg

今年もBOOKS&SCENEのために記念スタンプをデザインしました。ぜひPonto:STAMPブースでポンっ!と、ヒトオシしてくださいね。
栞に似合う木の実や花モチーフを中心に作品を並べます。その場で印面にメッセージを刻むライブカービングもあわせて行います。

56-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 57
rala design
http://www.rala-design.net/

57-1.jpg

イラスト担当とかたち担当の2人で
しかけのあるメッセージカードを制作しています。

私たちのカードは、それぞれに全て違うストーリーがついています。
イラストは水彩絵具を使って細かく、
かたちはカードに合わせて窓を開けたり、ミシン目を施したり。
メッセージを贈る前から、絵本を眺めるように、
お楽しみ頂けると思います。

本好きな方へのプレゼント探しに、ぜひお立ち寄りください。

57-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 58
聚落社
http://www.jyurakusha17ban-chi.com/

58-1.jpg

なつかしくてあたらしいデザイン』をテーマにオリジナルの和紙や生地を使った雑貨などを作っています。
お最近お休みにしていた、手創り市限定商品のブックカバー用の紙を今回、販売します。和紙なのでスレてきたら独特のアジが出ます。クラフトやカルトナージュにもいかがでしょうか。

 

 

 

 

 


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 

 

 

 

 





【BOOKS&SCENE】出展者紹介その4



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日の出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!

 

 

 


ブースNO. 48
ヨポポネ

48-1.jpg

自然酵母を使って焼き菓子を焼いています。
チョコや、チーズ、胡椒を巻き込んだ長いパイ。
アーモンドとココナツが入ったカリカリシャリシャリのクッキー。
秋の夜長に、本とお菓子と、お酒も楽しんでもらえたら嬉しいです。

48-2.jpg

 

 

 

 

 


ブースNO. 49
te.to.te.
http://members2.jcom.home.ne.jp/te.to.te2004/

49-1.jpg

美味しいく体にやさしい素材を使ってお菓子をひとつひとつ手づくりしています。
今回は本を片手にちょっとつまめる一口サイズや、ステック状のお菓子など、読書のお供になるような焼き菓子やケーキを持っていきます。

49-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 50
完熟ケーキ専門店・Banana Cafe(バナナカフェ)
http://ameblo.jp/presentcake/

50-1.jpg

しっとり、
季節の完熟素材を焼き込んだ
焼き菓子

完熟ケーキの
製作・販売をしています。

バナナがぎっしりと詰まった
しっとり濃厚な味わいで
一番人気の
完熟バナナケーキ。

そして、栗や紅玉りんごなど
実りの秋の味わいを焼き菓子に
閉じ込めた季節のケーキ。。。

定番スタイルの完熟ケーキに加えて

BOOKS & SCENE限定で
本を片手に、気軽に楽しめる
スクエア・スタイルの
完熟ケーキを製作します。

ぜひ
お気に入りの味をみつけてくださいね。

50-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 52
Bindaas(Arjun&Gautam)
http://arjun-gautam.jugem.jp/

52-1.jpg

インドの布や、ヒンディー語をデザインとして用いたブックカバーを作っています。
芯が入っているので、文庫本がハードカバーに早変わりします。
鞄の中でもよれにくいので、本好きの方には一つあると重宝いたします。
会えるのを楽しみにお待ちしております♪

52-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 53
たんぽぽ手芸
http://tanpoposyugei.wixsite.com/tanpoposyugei

53-1.JPG

たんぽぽ手芸は、東京のはずれ東村山市にアトリエをかまえて制作している作家ユニットです。
poponta&pyontaと申します。
手に芸ということで羊毛手芸と陶芸で制作し、様々な雑貨作りを楽しんでいます。
今回はBOOK&SCENEということで羊毛から作った文庫本サイズのブックカバーと絵本に出てくる指人形などを出品します。
あたたかみのあるやわらかなブックカバーや指人形はこれから手が冷たくなる季節にぴったりです。お手にとって温もりを感じていただけたらと思います。

53-2.JPG

 

 

 

 

 


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【BOOKS&SCENE】出展者紹介その3



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日の出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!

 

 

 


ブースNO. 43
さくはんじょ
http://www.amanosakuya.com/sakuhanjyo/

43-1.jpg

はんこ・版画イラストレーターのさくはんじょです。

いろいろな本を並行して読みがちな私は、挟みっぱなしのしおりがたくさんあります。
それでも読書の秋は何かと本を買ってしまいがち。
そんな方にも遠慮なく使いやすいしおりを用意していきます。
はんこをおして自分のしおりを作れるミニコーナーもつくりますので、お気軽にお立ち寄りくださいね。
蔵書印や似顔絵など、手彫りのはんこのオーダーも受け付けます。

43-2.jpg

 

 

 

 

 


ブースNO. 44
ロビンソン・ファクトリー
http://www.robinson-factory.com

44-1.jpg

商業出版のデザインを仕事にしていますが、BOOKS&SCENEでは、それとは違う手作りの本を出品します。
こんな本があったら面白いかも。そんな思いつきを形にするため、内容に合った紙を選び、綴じ方を工夫しています。
物語があったりなかったり、説明をしないと伝わりにくかったり、なんとなくわかるものだったり。
たぶん、手に取る人によって印象が違ってくる、そんな本です。

44-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 45
HIRATA
http://hirata-mogumogura.blogspot.jp/
http://instagram.com/hiratam25

45-1.jpg

目が合うと「くすっと笑って笑顔になれる」
そんな個性豊かな動物たちを作品にかえて、
みなさまのもとへお届けします!
ブローチや、レターセット…日常使いでお使い頂けるアイテムに
動物たちが大変身してお待ちしています。

「もぐらと旅する47都道府県」と題して、
もぐもぐもぐらのもぐらのキャラクターと全国各地に巡業中です。
旅の中で見つけたかわいくて、おもしろい、ちょっとスパイスの効いた
私好みのへんてこなお土産や食品など…ちいさな旅日記としてリトルプレスにまとめています。
今回はブローチやレターセットに加えて、リトルプレスもお持ちします。
おうちでのお茶の時間のおともに!電車での移動のおともに!
気軽に読書の秋を楽しんで頂けたましたらうれしいです。

45-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 46
Akane Miyazawa
https://www.instagram.com/akanemiyazawa/

46-1.jpg

都内で革小物を製作しています。
BOOKS&SCENE では、本を持ち運べる小さなバッグ 、ブックカバー、ブックマーカーなどをご用意いたします。
バッグは本も長財布も入る大きさで、様々なsceneでお使いいただけると思います。

46-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 47
つくりて
http://www.tsucurite.com/

47-1.jpg

季節のお野菜や果物を使ったお菓子を作っています。BOOKS&SCENEに参加するにあたって、本をイメージしたクッキーや読書をしながらチョコチョコつまみたいお菓子をご用意します。一押しの「お砂糖不使用シリーズ」もお持ちします。秋の夜長のお供に、そして読書好きな方へに小さなギフトとしてもおすすめです。

47-2.jpg

 

 

 

 

 


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【BOOKS&SCENE】出展者紹介その2



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日の出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!

 

 

 


ブースNO. 38
長浜 由起子
http://nendo.sunnyday.jp

38-1.jpg

いつもはカラフルなうつわをつくっています。
今回は土もののカップとそれに合うお茶うけ用の皿を出す予定です。
ミステリーや歴史小説のイメージでつくろうと思っています。
やっと涼しくなってきたので秋の夜長にゆっくり読書したいものです。

38-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 39
ナカムラサトミ
http://nakamurakenoshigoto.com

39-1.jpg

陶・革・布を使って、衣食住のものづくりをしています。
BOOKS&SCENでは、小説をモチーフにした陶アクセサリー、革のしおり、ブックカバーなどをご用意してお待ちしています。

39-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 40
otokka(オトッカ)
http://otokka.jugem.jp/
https://www.facebook.com/Otokkajapani/

40-1.jpg

今回「BOOKS&SCENE」に参加させていただくことになり初めてブックカバーを作成しました。
色や柄の組み合わせの中からお好みを見つけていただければ嬉しいです。
昨年に続いての参加を楽しみにしています!

40-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 41
吉春吉(よしはるきち)
http://yoshiharukichi.com

41-2.jpg

日本に昔から伝わるものごとを軸として着物や絵、アクセサリー等を制作してます。
私にとって本は資料であり作品作りの刺激になるものだったりします。そのためメモをとることが多く、私の中で本とペンはセットになっています。
今回の企画では【本と合わせたいペン】をテーマに、和紙や金箔・イラストを装飾したペンを制作したいと思います。
楽しい提案になれば幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

41-1.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 42
ka_wa
http://www.black-rabbit.pictures

42-2.jpg

初めて参加させていただきます、ka_waと申します。
どうぞよろしくお願いいたします。
本棚を飾るアクセサリーを作っています。
「本棚に住む鳥」は、本を読んでいて気に入った文章に出会った時に、メモできる「しおり」としてお使いいただけます。
「ベニア板のART」は、そのまま本棚に立てかけたり壁に貼ったりして、使っていただけると嬉しいです♪

42-1.jpg


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 

 

 

 

 

 





【BOOKS&SCENE】出展者紹介その1



企画エリア「BOOKS&SCENE」にご参加の作家さんをご紹介いたします。
今回、ご紹介する以外にも一般ブース・食品ブースがございます。(全体で約100ブース)
10月23日の出展者リストはこちら★

出展者とスタッフが持ち寄ってつくる「みんなの本棚」もありますよ。
ご来場お待ちしております!

 

 

 


ブースNO. 32
atelier aya
http://www7b.biglobe.ne.jp/ayapanna

32-1.jpg

陶器制作のatelier ayaです。
私は本を読んでいると、本の中の世界、場所へワープしたような感覚になり、そのワクワク、ドキドキ、またはほっと安らぐ柔らかな気持ちが好きで本を開きます。
そんな日常に在りながら特別な時間に感じられる読書timeには、大好きなコーヒーとつまめるお菓子がいつも傍にあります。
みなさんの本を読む時間がより楽しく、素敵なものになる様に、私の器がお手伝いできたら嬉しいです。

32-2.jpg

 

 

 

 

 


ブースNO. 33
MARIOBOOKS/安達茉莉子
http://www.mariobooks.com/

33-1.jpg

初めまして、安達茉莉子と申します。MARIOBOOKSという屋号で、言葉とイラストを中心に創作活動を行っています。
BOOKS&SCENEは、ZINE(イラスト詩集)とグッズを販売します。

○イラスト詩集『何か大切なものをなくしてそして立ち上がった頃の人へ』
"誰か大切な存在がいなくなってしまったあとの日々。泣き暮らしている訳でもなく、日々は続いていく。世界は君がいないと同じじゃない。それでも、君が残してくれた光の中でなんとかやっているよ。"
喪失と再生の間を描いた、アルファベットA〜Zで始まる26の連作詩によるイラスト詩集。
○『猫と惑星に名前をつけようとしてくれた君へ』
名前のない感情や関係性を、何者にもなれないものとして捨てるのではなく、名前をつけようとすること、してくれた人がいたこと、そんな記憶を描いた表題作含む6篇の詩と文章。

この他、本をテーマにしたレターセットをおもちしたいと思っています。
色んな方とお会いできたら嬉しいです!よろしくお願いします。

33-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 34
meku
https://www.instagram.com/meku_handpaint/
https://www.facebook.com/mekuhome/
http://twitter.com/meku_handpaint

34-1.jpg

ブランド名の“meku”とは、ときめく、きらめく、など語尾につけることで物事の“感じ”がはっきりしたり、より“らしく”見えることから名付けました。
日々の生活の中で様々な感情や見たもの、インスピレーションを、色の組み合わせやハンドペイントで表現する事にこだわっています。

メッセージを特別なもににする一点物のアートステーショナリーと身につけるアートとして洋服にも合う柄足袋や履物などを提案しています。

今回はBOOK & SCENEに向けて、
定番のメッセージカード、ブックカバー、
ブックマークをお揃いの柄でお求めできるようにします。
またブックカバーのサイズバリエーションも増やしました。
新作をたくさんご用意してお待ちしております。

作品にはそれぞれタイトルとストーリーがあって私の思いが詰まっていますので、気になる物がございましたら是非お声掛けくださいね

34-2.jpg

 

 

 

 


ブースNO. 35
nicori






 

 

 

 


ブースNO. 36
きままてしごや 青
http://www001.upp.so-net.ne.jp/aoao3/

36-1.jpg

"大好きな本にまつわる企画を!" ということで
"読書のかたわらにあったら いいな ・・・"というもの
どこかにありそうで なさそうな オツなもの? を と
企画・制作してみました。
"ココニ シカ ナイモノ" を どうぞお楽しみください。

36-2.jpg

 

 

 

 

 


BOOKS&SCENE 企画担当:日野



http://www.andscene.jp/ 
info@andscene.jp 
https://twitter.com/and_scene 
https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 

 

 

 

 





「 み ん な の 本 棚 」(BOOKS&SCENE関連企画)

 

 

【 み ん な の 本 棚 】とは、

 

 10月23日&SCENE出展者の皆様と

 

 スタッフが持ち寄ってつくる本棚となります。

 

 

 

持ち寄られる本は

暮らしに役立つ書籍から

何度も眺めてしまう雑誌などなど幅広く。

誰かにとってお気に入りの一冊が見つかりますように。

 

10月23日は是非とも&SCENE手創り市へお越し下さい!!

 

 

「参加方法」

 

10月&SCENEの出展者決定後、

スタッフより改めて本の出展についてご案内致しますが、

ひとまずは下記を参考までご確認下さい。

 

1、&SCENEにて用意する上記のような本棚へ、ひと作家につき5冊まで出展出来ます。

2、本棚への出展はすべて下記で案内される「栞」を必ず添付してください。

3、出展された本はすべてご自身のブースにて会計していただきます。

※栞の添付がない場合、該当する本は撤去されます。

※出展された本につきましては破損・紛失の責任は負いかねます。

 

 

「添付される栞について」

 

 

本の出展の際には必ず以下5項目を記載した栞を添付してください。

 

・本のタイトル

・コメント

・価格

・作家名(出展者)

・ブースNo.

 

 

「購入方法について」

みんなの本棚に展示される本は、

栞に記載される作家さんのブースにてお会計をしていただきます。

購入方法の詳細は後日改めてご案内致します。

(本棚にも購入方法の案内紙面を貼付致します)

 

 

*&SCENEよりお願い*

みんなの本棚は主に参加作家さんの本によってつくられます。

出展する本は参加作家さんの本棚からやってくる本をベースとし、

訪れる方にとって魅力ある本棚をつくりたいと考えています。

みんなの本棚へご参加の場合には、

上記のような考えをご理解の上でご参加ください。

 

 

※「みんなの本棚」へのお問い合わせは下記mailまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





「BOOKS & SCENE」 2016年10月23日開催

 

 

 

10月23日・&SCENE手創り市では

毎年恒例の「BOOKS & SCENE」を開催致します。

 

 

【 本にまつわるあれやこれ 】(一般参加公募)

 

本にまつわる作品を出品する作家さんを公募致します。

例えばそれは、

本を包むブックカバー

本を持ち歩く小さなかばん

本を読みながら飲む珈琲のカップ

本のカタチをしたオブジェ

本のイラスト

etc etc …

本にまつわるものを自由にご提案ください!

 

※お申し込み方法は下記をご参照下さい。

 

 

【 本 と お や つ 】(食品参加公募)

 

本を片手にほおばる、おやつ。

本とおやつがつくるすこしだけ特別な時間。

焼き菓子屋さん

ジャム屋さん

珈琲屋さん

紅茶屋さん

などなど

様々なジャンルの食品出展者を公募致します。

 

※お申し込み方法は下記をご参照下さい。

 

 

【 み ん な の 本 棚 】

http://andscene.jugem.jp/?eid=409

 

新たな試み。

出展作家さん、スタッフ、

みんなでつくる一日限りの本棚を設置致します。

並べられた本はすべて

出品した作家さんの名前とコメントが綴られ、

お気に入りの本は作家さんのブースにてご購入頂けます。

 

※ご購入方法など詳細は後日ご案内致します。

※「みんなの本棚」は10月23日の全出展者がご参加頂けます。

 出展者発表後、担当スタッフよりメールにてお知らせ致します。

 

 

開催日

2016年10月23日(日)9:00〜16:00

 

申込期間 

8月28日〜9月15日事務局必着

 

申込方法

申込書に必要事項記載、写真添付の上、
空いている箇所に「BOOKS&SCENE出展希望」と明記ください。

※一般部門・食品部門ともに上記申込方法に則って下さい。

 

募集内容

「本にまつわるあれやこれ」(一般部門)

「本とおやつ」(食品部門)

に該当する作品(商品)を出品して頂ける方。

※通常の作品を出品することも可能です。

 

区画

1ブース(1.8×1.8m) 出展料 3,000円

※ミニブースでの出展は不可とさせていただきます。

 

注意事項

・必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。 
 貸し出しはございません。
・テント、パラソルともに使用可。
 ただし、単色で、ブース内におさまるもののみ。
・駐車場はございません。

 近隣のコインパーキングをご利用ください。
・お寺近隣へ車を仮留めしての荷物の搬入出は厳禁です。 
 ご家族の送迎、タクシーでお越しの場合も同様です。
 恐れ入りますが、コインパーキングよりお運びください。

 


ご不明点ございましたらinfo@andscene.jpまでお問い合わせください。 

※「BOOKS&SCENE」以外の通常のお申し込みも受け付けております。

 &SCENE手創り市 
 担当 日野

 

HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





BOOKS & SCENE ワークショップ・その1&その2


BOOKS&SCENEでは本とピクニックにぴったりの、

その場で入れて飲めるあったかい飲み物のワークショップを2つ実施します。

芝生で本を読むときのおともにいかがでしょう?

−−−−−−−

【ちいさなワークショップ:その1】

『マイブレンド茶づくり』

チャリカの台湾茶をベースとしたブレンド茶に、

お好みのハーブやドライフルーツを合わせ

オリジナルのブレンド茶を作って会場でお召し上がりいただきます。

何煎も味わえる台湾茶。

お湯がお代わりできますので、お友達やご家族と交換やシェアもいいかもしれません。

芝生の上で読書のお供に…

またはおいしいパンやお菓子のお供に…

自分だけのあたたかいお茶を淹れてみませんか?

カップのご用意もございますが、

ぜひお気に入りのタンブラーやマイカップをお持ちください。

【開催日時】

2015年10月25日(日)9時〜16時終了

※お湯が無くなり次第終了となります。ご注意下さい。

【参加費】

お茶代150円〜+ワークショップ参加費100円

お茶代150円〜+ワークショップ参加費50円(タンブラーやマイカップをお持ちの方)

ブレンド追加 +50円


【参加方法】

随時ご参加頂けます。

当日、チャリカのブースまでお越し頂き、お声掛けください。

【作家紹介】

chaRica(チャリカ)

お茶のお店チャリカ chaRica は、

台湾のお茶や国産の健康茶、またこれらのお茶をベースにハーブや

ドライフルーツなどと合わせたブレンドティーを取り扱っております。

『BOOKS&SCENE』では、読書の時間にぴったりな

オリジナルブレンドティーをご用意します。

【ワークショップ担当者より】

昨年、台湾に行った際に、台湾のお茶の香りのよさに感動しました。

チャリカさんは台湾のお茶を中心にこころとからだにやさしいお茶を提供してくれます。

茶葉は何煎も入れられるので、一緒に来た人とのシェアもできます。

少しずつ涼しくなってきた季節、芝生の上であったかいお茶を飲みながら本を

読むのはいかがでしょうか? おおば

 
 

−−−−−−−

【ちいさなワークショップ:その2】

『あじわう珈琲 〜挽く・淹れる・飲む〜』

珈琲カブさんの珈琲豆を、

ご自身の手でその場で挽いて、淹れて、

飲むことが出来るワークショップを開催。

ご参加の際には 珈琲カブさんによる

ちょっとした珈琲豆のお話も。

お気軽にご参加ください。

【開催日時】

2015年10月25日(日)9時〜16時終了

※数に限りがあります。ご了承下さい。

【参加費】

300円(豆20グラム・お湯・カップなど含む)

※タンブラーなどご自身のカップをご持参下さっても構いません。


【参加方法】

随時ご参加頂けます。

当日、珈琲カブのブースまでお越し頂き、お声掛けください。


【作家紹介』

珈琲カブ

instagram

twitter


珈琲がなんとなく好き、

珈琲がある生活がなんとなく気持ちがいい、

そんな人にむけて、ちょっとした講習をして、

珈琲を味わってもらえればな。

お待ちしております。


【ワークショップ担当より】

なにはともあれ、まずは参加してみて下さい。

実はカブさん。

珈琲だけでなく、チョコもやってます。

珈琲とチョコのお話を聞きながら、

あじわう珈琲をお楽しみいただけたら。名倉
 

・・・





『本とピクニック』出展者紹介・その2

本とピクニックの出展者紹介後半戦です。

本とピクニック、本はひとりでゆっくりじっくり読むのもいいけど、

たまには外で、自然の中で読むのもいいよね、と思ったときに、

自然と浮かんだのがピクニック風景でした。

みなさん、ぜひ本とピクニックしに来てください。

−−−−−−−

「作家名」

te.to.te

「コメント」

美味しく体にやさしい素材で使ってお菓子やケーキをひとつひとつ手づくりしています。

今回は本を片手につまめるお菓子、

読書の合間にお茶と一緒に食べたいケーキなど、

私のお気に入りの本と共に持って行きたいと思います。

「作家名」

Chipakoya

「コメント」

地元静岡産の旬素材を中心に、身近な果物や野菜で、

ココロとカラダにやさしい瓶詰めをこしらえています。

今回参加させていただく「BOOKS & SCENE」では、

爽やかな秋空の下のんびり楽しむピクニックのイメージで、

おいしい秋色ジャムをメインにご用意致します。

みなさんにお会い出来ることを楽しみにしています。

「作家名」

フランスパン ヴァンテアン

「コメント」

フランスパン専門店の「フランスパン ヴァンテアン」です。

スタンダードなものからオリジナルなものまで、

フランスのパンや焼き菓子をご用意しています。

バゲットの作り方で焼き上げたオリジナルベーグル「バーグル」もどうぞ。

「作家名」

梅香房

「コメント」

『八宝茶』という茶をベースにドライフルーツ等を入れブレンドした

デザートティーを提供しています。

このお茶はゆっくり時間をかけて飲ん頂くものなので、読書のお供に最適です。

全9種類をご用意しましたので、気分や体調に合わせてお選び頂けると思います。

「作家名」

シャララ舎

「コメント」

外はシャリっと中柔らかい『琥珀糖』という砂糖菓子を販売しています。

シャララ舎では、琥珀糖をモデルにして言葉を紡いでくれた小説も販売しております。

『鉱石展示室』波水 蒼 著

秋のお散歩のお供に、そして本のお供に琥珀糖を、、、。

ハロウィンバージョンの琥珀糖も持っていきます。



「作家名」

Blanc chien

「コメント」

Blanc chien のパンは自家製酵母を使用し体にやさしくおいしい素材を選んでひとつひとつ手作りしています。
秋のパン、パイなどもご用意いたします。

−−−−−−−

次回更新は21日を予定しています。

本とピクニックにちなんだワークショップの発表です。

みなさん、『本を持ちより、こうかんする』の本の準備はおすみですか?

本を持ってこなくても、置いてある本は自由に読むことが出来ますが、

本を持ってきたら、好きな本を持ち帰れるのでおすすめです。 








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category