RSS1.0 | Atom0.3



「 J U I C E S T A N D 」(2017.0827)

 

 

8月27日は「JUICE STAND」の日。

 

スタッフお手製のフルーツビネガーを

ソーダや豆乳などで割って飲んでみよう。

 

そこはやっぱり手創り市。

参加作家さんのコップをお使いいただけます!

 

まだまだ残暑な8月の&SCENE。

JUICE STANDで涼んでくださいね。

 

 

「場所」

本堂むかって左手(JUICE STANDのロゴ表記あり)

 

「日時」

8月27日9:00〜15:00 (売り切れ御免)

※随時ご参加頂けます。ご予約不可。

 

「お品書き」

後日、ご案内致します。

 

「参加のながれ」

1、スタンドにいるスタッフに代金をお支払いください

2、協力作家のお好きなコップを選びましょう

3、氷をいれ、お好みのシロップを注ぎます

4、ソーダまたは豆乳を注ぎます

5、しずかにまぜまぜしましょう

6、飲みます。かんぱい!

※コップはスタンドまでご返却くださいね。

 

「協力作家」

稲葉知子 (no.67)

工房寺田 (no.68)

長浜由起子 (no.69)

吹きガラス小野省三 (no.70)

 

*おしらせ*

・お子さまがご参加の場合、親御さんは必ず傍にいてあげてください。

・ご予約不可の随時ご参加となります。

 場合によっては、お待ち頂くことを予めご了承ください。

・コップは割れ物です。

 割れ欠けなど破損があった場合は弁償して頂く場合が御座います。

 

____

 

<8月27日(日)出展者リスト>clicks!!

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi

 





6月のアクセサリーWS「nibiさんのバングルづくりワークショップ 」

 

 

「6月のアクセサリー」ワークショップは、

講師にnibiさんをお招きし、真鍮、シルバーのバングルを作成します。

  

焼いてなまして、やわらかくなった金属を、

カンカン叩いて、曲げて、ねじって、形にしてきます。
金属は、叩くと硬くなり、それが不思議で面白いです。
  
これからの季節、バングルは肌に映え、美しいアクセントになってくれると思います。
自分で作れば、愛着もひとしお。プレゼントにもおすすめです。
  
お申し込みは先着順です。
お早めにお申し込みください。
 
  
開催日 2017年6月25日(日)
時間

10:00〜 *満席

11:00〜 *満席

13:00〜 *満席

14:00〜 *満席

15:00〜 *満席

 

制作時間 約30分~40分程度が目安です。

*ご予約状況は、6/9時点の情報です。
定員 各回4名様  ご予約優先
金額

◯細身のバングル (約2.5mm幅)

ストレートとねじりの入った二種類からお選びいただけます。

・真鍮製 (細) ¥3,000-
・シルバー製 (細) ¥8,000-

バングル鎚目
バングルツイスト

 

◯幅広のバングル (約9佗)

刻印を入れることができます。
・真鍮製のみ (太) ¥6,000-

真鍮バングル幅広

 

 

*サイズ展開有り(長さをご自身に合わせてご制作いただきます。)
*全てケース付き。ギフトにもおすすめです。
 

*当日実際の完成サンプルをご覧いただいてから、作成するものをお決めいただきます。

*代金は当日お支払いください(現金のみ)
ご予約方法

メールの件名を「バングルづくり ワークショップ申込」として、 

・参加者全員のお名前 
・ご希望の時間
・代表者様の携帯電話番号
 

を明記の上、info@andscene.jp までお送りください。 
受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

残席が少なくなってきました。

ご希望の時間帯に第二希望、第三希望がありましたら記載ください。 


*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。 
一部の携帯アドレス(主にドコモ)で、PCメール受信可にしていても、こちらかのメールが届かない場合がございます。 PCメールアドレスをお持ちでしたら、記載していただけますと大変助かります。

 

*当日&SCENE手創り市が雨天中止の場合、ワークショップも中止となります。ご了承ください。

キャンセル

について

準備をする作家さんや予約が取れなかった方のためにもキャンセルはご遠慮ください。
万が一キャンセルする場合はお早めにご連絡ください。
開催3日前以降のキャンセルはキャンセル料を申し受けます。

 

 

作家紹介

nibi 「鈍色」(にびいろ)・・・古い日本の色の名前。
使い込まれて少し色褪せ、落ち着いた風合いとなった金属の色彩のイメージから「nibi」というブランドが名づけられました。使っていくうちにくすんだり、傷が付いたり、でもそれを愛でていき、日常の中で凛とたたずむようなジュエリーを。日本の美意識をデザインソースにして伝統彫金技法を用い、和のアンティークジュエリーとなるようひとつひとつ手づくりしています。
2013年冬より始まりました。

http://nibi-craft.com/

https://www.instagram.com/nibi_craft/

 

 





「妄想植物園:スパイス調合ワークショップ」

 

「妄想植物園・スパイス調合ワークショップ」

 

4月の&SCENEでは「植物園」の関連企画として、

高円寺の妄想インドカレー・ネグラさんをお招きして

カレー用のスパイス調合ワークショップを開催します。

10種類以上のスパイスの中からネグラさんと一緒に

「植物園」を妄想しながらあなただけのスパイスを作ってみませんか?

 

 

<ワークショップの流れ>

 

1.スパイスの説明と実演

 はじめにネグラさんからスパイスの特徴や小咄をお聞き頂きます。

 その後実際にスパイスの調合を実演してもらいます。

 この間にどんな風に調合しようか妄想を膨らませるのもいいですね♪

 

 

2.スパイスのブレンド

 胡椒は5種類の中からベースとなるものを選びます。

 インドやコートジボアールなど珍しいものもご用意しております。

 スパイスはカルダモン・クミン・コリアンダーなど、

 計8種類程度の中よりお選び頂きます。

 

  

3.瓶に詰める

 スパイスの調合が終わったらホールのまま、

 もしくは、乳鉢かグラインダーで粒を砕いて瓶に詰めます。

 

 

4.ハーブチャイをいただきます

 調合が終わったら、

 スパイスの香りを楽しみながら

 ネグラさん特製のハーブチャイをいただきましょう。

 

 

「日時」

4月23日(日)

10:00〜11:30 満席

12:00〜13:30 満席

14:00〜15:30 満席

※各回 5名まで

 

「参加費」

2500円

 

「お申し込み方法」 定員となりましたので締め切りました!

 

■件名を「スパイスワークショップ」とし、

 下記内容を記入しinfo@andscene.jp宛にメールにてお知らせください。

 

 ・参加希望時間

 ・参加人数

 ・参加される方のお名前

 ・電話番号(代表者)

 

受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。

 

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※当日雨天の場合は、&SCENE手創り市、ワークショップどちらも中止となります。

※開催有無は当日朝5:30に&SCENE手創り市サイトトップにてお知らせします。

※キャンセルはご遠慮ください。キャンセルのあった場合、キャンセル料を支払い頂きます。

 

 

「ネグラさんの紹介」

 

インドに行ったことがないので、妄想で作るインドカレー屋です。

高円寺でお店やっています。

野生のスパイスと風変わりな食材でエキゾチックなカレーを作ります。

手創り市では、難しそうなイメージを持たれがちなスパイス達と

遊びながらの調合を参加者の皆さんと一緒に楽しめたらと思っています。

 

Facebook

Instagram

 

「担当スタッフより」

植物園の中のスパイス、皆さんはどんな香りや色合いをイメージしますか?

スパイスの調合は簡単そうに見えて、やっぱりものすごく奥が深いですよね。

スパイスの種類をひとつ変えるだけでも全く違う一面を見せてくれます。

ピリッとくる辛さや鼻を抜ける爽やかさなど、

それぞれのスパイスが持つ特徴や相性を考えながら出来上がるカレーを想像、

いや、妄想しながらスパイスの調合を楽しんでくださいね。

 

担当スタッフ

六本木

 

 


HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





編む 束ねる Swag づくり / いわもとまきこ





植物園

テーブルの上にわたしなりの小さな植物園をつくります。

その中から

五種類の植物を選び 束ねる。
束ねたものに
糸や端切れ、葉で少しだけ飾り付け
編んだり。結んだり。
手を動かすワークショップです。

柔らかな春の陽に、春の風に揺れるよう
窓辺に吊るしてもいいですね。
時間をかけて植物の色、香りの変化も愉しめる
スワッグをつくりましょう。






開催日 2017年4月23日(日)
時間 1部: 10:00〜 残席1
2部: 13:00〜 残席2

※作業時間は1時間程度です
定員 各回10名様  ご予約優先。定員になり次第締め切ります
金額 当日受付にてお支払ください。
1,500円
*オプション:生花をつける場合は+500円
申し込み方法 メールの件名を「スワッグワークショップ申込」として、

・参加者全員のお名前
・ご希望の時間(1部 or 2部)
・代表者様の携帯電話番号


を明記の上、info@andscene.jp までお送りください。
受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。
一部の携帯アドレス(主にドコモ)で、PCメール受信可にしていても、こちらかのメールが届かない場合がございます。
PCメールアドレスをお持ちでしたら、記載していただけますと大変助かります。
備考 特に汚れる作業はございませんが植物を扱いますので、気になる方はエプロンご持参、または汚れてもよい服装でお越しください。
キャンセル
について
準備をする作家さんや予約が取れなかった方のためにもキャンセルはご遠慮ください。
万が一キャンセルする場合はお早めにご連絡ください。
開催3日前以降のキャンセルは理由の如何によらずキャンセル料を申し受けます。

作家紹介

いわもとまきこ
植物や布を使って空間をつくります。
instagram


担当スタッフより

スワッグに布を合わせてくるところが、なんともいわもとさんらしく、
そして素敵です!

またオプションで生花をつけられるのですが、
束ねたドライの中に一輪の生花。こりゃまたステキ!
吊るしながら色や質感の変化を見るのが楽しそうです。
(オプションの有無は当日お決めください。)

お申し込みお待ちしております☆






&SCENE手創り市
担当 秋田

illustration by staff Miki

HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




ワークショップ「紫陽花のブーケコサージュ」


 
ワークショップ
「紫陽花のブーケコサージュ」


六月の花、紫陽花を使いお花のアクセサリーをつくります。

小さな紫陽花のかけらに一本ずつワイヤーをかけてから、
ブーケのように束ね、刺繍糸でまとめていきます。

愛らしい紫陽花のブーケコサージュを、ぜひ作ってみませんか。

 



【作家紹介】
harihari
http://harihari87.exblog.jp/


生花をドライフラワーにするところから
リースや花雑貨を作ってます。
あまり知らない植物を知ってもらいたく
シンプルで暮らしに寄り添うような物を
目指して作っています。

【開催日時】
2016年6月26日(日) 
午前の部  10:30 〜  満席となりました
午後の部  13:00 〜  満席となりました
※各回6名様までの募集となります。

【参加費】
おひとり 2,500円

【開催場所】
養源寺・芝生エリア

【ワークショップの参加申し込み方法】
■下記内容を記入して info@andscene.jp 宛にメールにてお知らせください。
・参加希望時間
・参加人数
・参加される方のお名前
・電話番号(代表者)

受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。
*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。

*仕入れの状況により、花材が多少変更となる場合があります。
*参加予約は先着順となります。予めご了承ください。
*当日雨天の場合は、&SCENE手創り市、ワークショップどちらも中止となります。
→開催有無は当日朝5:30に&SCENE手創り市サイトトップにてお知らせします

 


【ワークショップ担当者より】
昨年も大人気だった、harihariさんをお招きしてお花のワークショップを行います。
今回は花材にプリザーブドフラワーの紫陽花を使います。
ふわふわ軽く、透き通るようなアンティークカラーがとてもきれい!
ドライフラワーより崩れにくいので、実は実用性もあるんですよ。
ブローチとしてワンピースや麦わら帽子につけたり、お部屋に飾っても素敵です。
お花と向き合う少しの時間。ぜひ楽しんでいただけたらと思います。

担当:三木




HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【植物園ワークショップ】古いガラスで眺める多肉植物 (kitokusa)




植物園ワークショップ
「古いガラスで眺める多肉植物」



小さなガラスにぎゅっと詰め込んだ多肉植物

眺める・・・そして時々お世話、そしてまた眺める。

窓辺にそっと育てながら楽しめる多肉植物。




 kitokusa
http://kitokusa.com/


「開催日」
4月24日

「時間」
10:00〜
13:00〜
各回定員10名
ご予約優先

「参加費」
2000円
※ガラスはそれぞれ古道具となります。
 個体差があることを予めご了承ください。

「場所」
本堂前の<here!>となります


「お申し込みについて」

メールの件名を「kitokusaワークショップ申込」として、

・参加者全員のお名前
・ご希望の時間
・代表者様の携帯電話番号


を明記の上、info@andscene.jp までお送りください。

受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。
 一部の携帯アドレス(主にドコモ)で、PCメール受信可にしていても、
 こちらかのメールが届かない場合がございます。
 PCメールアドレスをお持ちでしたら、記載していただけますと大変助かります。


「担当スタッフより」
ワークショップのリハーサルを拝見しました。
見た目はシンプルですが、
思っていた以上にディテールにこだわりが持てる内容だと思いました。
それにグラスが古道具で、選べるのもとてもいいですね。
ご参加を待ちしております!

&SCENE手創り市
担当 名倉

HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi





【植物園】 いわもとまきこさんの「古箱の木」ワークショップ


冬のあいだの愉しみは木の枝の美しさ

葉を落とし、寒さに耐えるその佇まい
その姿は絵のようではっとする。
春に芽吹く草木のように
自分で切り取る枝に草花をつけていきます。
そして、古箱という空間の中にそっと納める。
標本よりも少し上級な余白をつくるワ―クショップです。
 
開催日 2016年4月24日(日)
時間 10:00〜 随時
定員 5名様
金額 3,500円
参加方法 当日受付となります。会場入り口の受付にお申し出ください。
備考 特に汚れる作業はございませんが、植物とグルーガン(ホットボンド)を使用しますので、気になる方はエプロンご持参、または汚れてもよい服装でお越しください。

植物を入れる古箱をお選びいただくのは受付順となります。(古道具等を使用しますので同じものがございません。)
 
作家紹介

いわもとまきこ
植物や布を使って空間をつくります。

 
担当スタッフより

植物の組み合わせを考えるのが楽しそう!
いわもさんは空間使いの達人なので、シンプルで気持ちのよい植物の配置を知りたい方はぜひ質問してみてくださいね。
ご参加をお待ちしております☆(こちらのワークショップは当日受付となります)

 &SCENE手創り市
 担当 秋田

HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




【植物園】 いわもとまきこさんの「標本」ワークショップ



人それぞれに なんだか
このかたちがすき
手に取る色が同じ
そんな惹かれてしまうモノがあるはず
今回のワ―クショップは

置いて

並べて

整える

手に取ったなんだか気になる植物を
ガラスケ―スにそっとしまう。
そんな自由に自分だけの標本箱をつくります。
 
開催日 2016年4月24日(日)
時間 1部: 10:00〜
2部: 13:00〜   ※作業時間は1〜2時間程度です
定員 各回10名様  ※定員になり次第締め切りとなります
金額 3,500円 ※ガラスケースつき
申し込み方法 メールの件名を「標本ワークショップ申込」として、

・参加者全員のお名前
・ご希望の時間(1部 or 2部)
・代表者様の携帯電話番号


を明記の上、info@andscene.jp までお送りください。
受領メールをこちらからお送りして、ご予約完了となります。

*PCからのメールを受信できる設定に変更お願いします。
一部の携帯アドレス(主にドコモ)で、PCメール受信可にしていても、こちらかのメールが届かない場合がございます。
PCメールアドレスをお持ちでしたら、記載していただけますと大変助かります。
備考 特に汚れる作業はございませんが、植物と場合によってはグルーガン(ホットボンド)を使用しますので、気になる方はエプロンご持参、または汚れてもよい服装でお越しください。
 
作家紹介

いわもとまきこ
  植物や布を使って空間をつくります。
  instagram
 
担当スタッフより

「植物園」企画にピッタリのワークショップ!
選ぶ植物、留めつける順番によっても、いろいろな表情の標本が出来上がりそう。ご参加のみなさまがどんな標本を作られるか楽しみです。
ご参加をお待ちしております☆  

 &SCENE手創り市
 担当 秋田

HP:http://www.andscene.jp/
mail:info@andscene.jp
Twitter:https://twitter.com/and_scene
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi




WHITE&THINGS workshop:酒粕でモーニングトースト!



2月28日に開催される&SCENE手創り市。
「WHITE&THINGS」の企画エリアにてワークショップを実施致します。

タイトルは
『酒粕でモーニングトースト!』


さてさて、どんなものでしょう?

ずずいと下記をご覧ください。





白と黒のカットされた食パンをひとセットでご購入頂き、
手創り市が用意した網の上でご自身でトースト。

白の食パンは湯だねもっちり。
黒の食パンは炭を練り込んだ珍しさ。

トーストした後は、
スタッフお手製の酒粕のペーストをぬって召し上がれ。

酒粕のペーストは砂糖とみりんでのばしてありますが、
お好みで塩をきかせたり、胡椒をまぶしたり、お楽しみ下さい。


「会場」
&SCENE手創り市(養源寺)
WHITE&THINGSエリア


「時間」
9:00〜12:00
※数に限りが御座います。予めご了承下さい。
※事前のご予約は不可とさせて頂きます。
*雨天中止*


「参加費」
300円
<湯だね食パン&チャコール食パンのセット>
<酒粕ペースト>
…をご用意しております。
*釣り銭の用意は御座いません。ご注意下さい*


担当スタッフ名倉




* 2 月 2 8 日・開 催 の ま と め * clicks!!

【次回開催】
開催日:4月28日(日)
申込期間:2月28日〜3月17日事務局必着
出展者発表:3月27日
※4月の企画エリアは植物にまつわるものを提案致します!!
 





ワークショップ「ほうきをつくる。」(2/28開催)


 

2月28日に開催の&SCENEワークショップをご案内致します。

昨年に引き続き、中津箒さんによる「ほうきをつくる。」ワークショップを開催。

新春をむかえての身のまわりの整理整頓。

新たな生活のはじまりにマイほうきをつくりませんか?


【ほうきについて】

ほうきは大小2種類のいずれかをお選び下さい。
・大(全長 約16センチ) 参加費 3000円
・小(全長 約11センチ) 参加費 1800円
※編み込む際の糸は、当日用意された色の中からお選び頂けます。

【開催日時】
2016年2月28日(日曜)
 
ほうき・小 各回 5名
10:00 〜 
11:00 〜 
13:00 〜
14:00 〜

ほうき・大 各回 4名
10:00 〜 12:00 定員となりました
13:00 〜 15:00 定員となりました

*いずれもご予約優先となります*

【開催場所】
養源寺・本堂むかって左手のワークショップスペース
 
【作家紹介】
中 津 箒

「コメント」
今回、2回目のワークショップになります。現在ではとても稀少な、自社生産でのホウキモロコシを使用しての箒作りになります。卓上サイズの小さなほうきは、机や本棚、デスク周りなど、様々な所で活躍してくれます。春の新生活や新しい季節を、手作りの箒と共に清々しくスタートして戴ければと思います。

*作業工程*
ほうきの、持ち手の部分を編み込む作業を行います。
しっかり締める事で、穂の抜けない、丈夫なほうきを作る事が出来ます。
昔からのやり方ですが、丁寧に編み込まれた胴は、美しい網目模様になります。
※足も使うので動きやすい服装、小学生以下は保護者の方同伴が好ましいです。

「担当スタッフ砂井より」
昨年4月以来の再登場となる中津箒さん。
好きな色の糸を選んで編み込むワークショップです。
作業工程は至ってシンプル。
シンプルだからこそ、作る人の個性が作品にはそのまま反映されます。
前回参加された方も、より美しい網目模様を目指して
再挑戦してみてはいかがでしょうか。
マイほうきと共に、まっさらな気持ちで春を迎えましょう!

「ちいさくて、きのうてき」箒のこと

【ワークショップの参加申し込み方法】
下記内容を記入しinfo@andscene.jp 砂井宛てまでメールにてお知らせ下さい。

1 「ほうきの大」又は「ほうき小」のいずれかをお選び下さい。
2 参加希望時間(ex. 10:00〜)
3 参加人数 
4 参加される方のお名前
5 連絡先電話番号(代表者のみ・携帯電話)

申し込みメール確認後、再度手創り市側よりメールにて折り返し参加予約完了のご連絡を致します。3日以上返信が無い場合、お手数ですが再度確認のメールを送信して下さい。

※原則、お申し込み受領後のキャンセルはご遠慮下さい。
※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。
※当日雨天の場合は、&SCENE手創り市、ワークショップどちらも中止となります。
 →開催有無は当日朝5:30に&SCENE手創り市サイトトップにてお知らせします。

*キャンセルについて*
準備をする作家さんや予約が取れなかった方のためにもキャンセルはご遠慮ください。
万が一キャンセルする場合はお早めにご連絡ください。
開催3日前以降のキャンセルは理由の如何によらずキャンセル料を申し受けます。


&SCENE手創り市
担当:砂井

 









Profile
twitter
New Entries
Archives
Category