RSS1.0 | Atom0.3



&spring 春もよう:出展者紹介その3


 



nul ブースNo.S18
 
【nulさんより】
陶器のようなしっとりとした不思議な質感と、軽い着け心地のプラスチックアクセサリーをすべて手描きで作っています。
春らしい、温かで気持ちのいい日々に似合うよう、想いを込めて。
 
【スタッフ秋田より】
&SCENEには初めてご参加いただきます。
nulさんの作品は、例えばお花モチーフは一見ガーリーな感じなのですが、
パキっとした色合いのせいか、シンプルな服に付ければシックにまとまります。
春なので白いシャツにポンとひとつ付けたいですね。
 




fil-vie ブースNo.S9
 
【fil-vieさんより】
今回初めて手創り市に参加させていただきますfil-vieと申します。
卵、乳製品、お砂糖を使用せず、国産小麦粉や季節の食材、甘酒や味噌など日本の調味料などを使いお菓子を作っています。

デザートという感じではないですが、おなかの空いた時にちょっと食べてほっとできるお菓子を作れたらと思っています。

4/26は桜のクッキーや季節の野菜を使ったマフィンなどご用意してお待ちしています。
 
【スタッフ橋本より】
fil-vieさんのお菓子を初めて買ったのは、1回目のmeets broochの会場でした。
やさしくて素朴な味に、心と体がほぐれたことを覚えています。
春の散歩のおともに、fil-vieさんのお菓子があったら頼もしくてうれしいな。
どんな春のお菓子が並ぶのかたのしみです。
 




たじまひろえ ブースNo.S14
 
【たじまひろえさんより】
毎年春は、ムクムク&わくわくします。
草花生き物が目を覚まし、射す光が明るくなる春のエネルギーをひとひら…
絵に乗せてお届けできたら、そして皆で一緒に味わえたらとても幸せです。
 
【スタッフ石井より】
「そういえばもう春か…」と思った時、たじまひろえさんのイラスト作品がパッと頭に思い浮かびました。
赤、青、黄、緑と鮮やかに散りばめられた色使いと繊細なタッチ。
たじまさんの絵の中には確かに春の躍動感があるように思えるのです。
 




to*air ブースNo.S6
 
【to*airさんより】
コートを脱いだ小さな子どもが、
遠くに、近くに、飛び跳ねながら散歩をしているような、
ワクワクする春のリズムを、
軽やかなレースで身に纏い、
動き出す。

たくさんの、「春もよう」が
足取りも軽やかに、動き出せますように。
 
【スタッフおおばより】
春の花をやさしい色で紡ぎだすような、そんなto*airさんの作品たち。
レースのお花を身に付けたら、散歩しにどこかに繰り出したくなるはず。
 


出展者の紹介も今回で3回目。
春もようがどんどん集まってきました。

次回の紹介は4/5を予定しています。
それまでに2つ目のワークショップの告知が入るかもしれません。
こちらもお楽しみに!

 

&SCENE おおば
Mail
Home Page
Twitter
Facebook







Profile
twitter
New Entries
Archives
Category