RSS1.0 | Atom0.3



meets brooch 2016:作家紹介01

 

2016年のmeets broochの開催は

7月23日(土)24日(日)

東京ビックサイトで行われる

Handmade In Japan FESにて。

 

出展場所は協賛協力団体エリア・Kー1、2、3。

 

今年も様々な素材のブローチが集まりました。

ぜひともご覧ください!

 

・・・・

 

SOK

http://www.soak-tokyo.com

 

ブローチは女性的なアイテムという印象が強いですが、

男性でも付けられるようなシンプルなものを作りました。

 

今回初めて参加させて頂きます。

ブローチという制約された条件だからこそ、

素材や表現の違いの面白さがより際立ち、

楽しい企画になっていると思いました。

 

・・・・

 

nagamorichika

http://nagamori-chika.main.jp

 

糸を染め、経糸と緯糸の色の交わりを大切に機織りをしております。

 

以前出展させていただいた時と同じようなコメントですが、

私にとってブローチは他のアクセサリーと少しちがって

一緒に出かけているような気持ちで付けるものを選びます。

 

たくさんのブローチが並ぶmeets brooch。

他の作家の皆さんのブローチと一緒に付け  ていただけるのも嬉しい楽しみです。

 

・・・・

 

Handwork Stilla

http://www.litenrum.jp

 

「個性的ながら日常にそっとなじむ…」

蓮の実やつぶつぶモチーフを中心に、なぜか心惹かれる不思議なカタチの彫金アクセサリー。

身に着けてくださった方の毎日や心に寄り添えるよう、温度と願いを込めて制作しております。

 

今回は、K14コーティングのものを多くお届けいたします。

真鍮とSILVERの中間のような淡くてミルキーな金色が絶妙で大好きです。

 あとは、少し大人なお花モチーフや、

お好みのドライフラワーや木の実を挿してアレンジしていただける、

遊び心をくすぐるブローチも制作してみました。

 

たくさんの素敵なブローチが並ぶ夢のような二日間、素敵な出会いがありますように!!

 

・・・・

 

kitona

http://kitona.info/

 

「木となにか」を組み合わせてアクセサリー等を制作しています「kitona」です。

使う人に長く優しく寄り添えて、でも何だか見たことない作品を作りたいと思っています。

 

私はブローチを選ぶ時、今日はどの子と出掛けようか…

なんて事を考えてしまいます。

 

素敵な子達が一同に集まる「meets brooch」で、

一緒にお出掛けしたくなる子を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

・・・・

 

明日も「meets brooch 2016」の参加作家紹介は続きます。

ご覧くださいね。

 

meets brooch

担当スタッフ

橋本・三木

meetsbrooch@gmail.com

 

 



HP:http://www.andscene.jp/ 
mail:info@andscene.jp 
Twitter:https://twitter.com/and_scene 
Facebook:https://www.facebook.com/andscene.tezukuriichi








Profile
twitter
New Entries
Archives
Category